メイン

三宅島ボルダー アーカイブ

2013年03月25日

三宅島~その1:定例会

三宅島に行ってまいりました!


三宅島のクライマーの方達と、
プチ講習です。


三宅島では、廃校となった体育館を再利用して、
すごく立派な壁を立ててます。
飯山さん達が壁を作って、課題も残してあります。

クライミングクラブの登録も200人を超えるのだとか!!

2013-03-23%2018.53.00.jpg

2013-03-23%2018.59.43.jpg

めちゃくちゃ立派です!
下手したら、都内で最大級に広い(三宅は東京です(^_^;))

まだまだ、島の方たちしか利用できないそうですが、
今後、観光でいらした方にも利用できるように
手続きなど頑張っていらっしゃるそうですよ~。
楽しみですね。


参加してくださった、クライマーのみなさん。
ありがとうござました~。
734071_552426698122946_2062991830_n.jpg

様子もこちらの三宅島クライミングクラブのフェイスブックにたくさん写真が
ありますので、ぜひのぞいてみてくださいね~。

そして、ぜひたくさん、

いいね!

してあげてください。

また、クライミングクラブの紹介動画にも、
出演させていただきました~!

アド街ック天国の紹介みたいに
1秒くらい写っていますが
探してみてください~。

そして、三宅島のクライマーさんもぜひどんな人たちなのか
見てみてくださいね。

スマホ用はこちらのVimeo動画で。↓

クリック


PCでも見れます↓フェイスブックから。

次回は、観光、岩場の紹介をしていきます。


2013年03月27日

三宅島~その2:観光

三宅島へのボルダーへは、
観光とボルダーを合わせていくことがお勧めです。

とくに、3月からはイルカスイムが解禁の時期になります!
ただし、6人以上お客さんがいないと船が出ないそうです。

3月はまだシーズン初めで、海も荒く寒いし、
イルカを見に来るお客さんも少なく、
私たちの時は、船が出てくれませんでした。
おすすめは4月から5月になります。


img_68782_14024151_0.jpg

こんな感じで、イルカと一緒に泳げるそうです!

ダイビングのライセンスがある人は、ダイビングと合わせてもいいですね。


あとは、釣り場としても最高だそうです。
釣りのお客さんはたくさんいました。


あとは、日本のハワイと呼ばれる三宅島の雄大な火山観光がすごいです。

今回見た、おすすめの観光スポットを紹介ます。


↓熱風やガスで立ち枯れした木が三宅島にはたくさんあります。
その風景は、SF映画の世界のようでした。
IMG_1482.JPG

IMG_1493.JPG

↓釜の尻。ボルダーエリアでもあります。
ここからの日の出はきれい!
この浜だけに、ペリドットと呼ばれる緑の宝石が落ちているそう。
地元の方も、ピンセットで探して小さい瓶に入れてお土産にしているそうですよ。
私は、残念ながら見つけられませんでした・・・。

IMG_1485.JPG

IMG_1486.JPG

↓ 伊豆岬灯台。とても風が強かったんですが、
大海原を望めます。
また、島の東側にサタドー岬というのがあるんですが、
ここからはよく、ウミガメが泳いでいるのが見られると地元の方が教えてくれました!

IMG_1494.JPG

IMG_1500.JPG

↓ メガネ岩。溶岩でできたアーチの状の岩。
これも、また、絶景です!
IMG_1501.JPG


↓さまざまなところに、溶岩が流れた跡があります。
IMG_1511.JPG

IMG_1521.JPG


↓ お隣の島、御蔵島を望む。
IMG_1512.JPG


↓新澪池
IMG_1523.JPG

↓この池が、溶岩などの熱によって池ひとつ、蒸発してしまったそうです!
白くなっているところが、本当は、池だったらしい。
自然ってすごい!

IMG_1522.JPG


↓ 新鼻新山。噴火による海底爆発で、一夜にしてこの鼻のような山ができたそうです!
IMG_1570.JPG

↓SFの世界です。遠くに新鼻新山。
IMG_1530.JPG


IMG_1634.JPG


↓ 一番のおすすめ!七島展望台。
目の前に雄山が見えるところまで車で登っていけます。
その名の通り、伊豆七島が一望できてます。

IMG_1516.JPG


IMG_1556.JPG


↓雄山の中腹の木が全部立ち枯れしてます。溶岩で山も真っ黒。
IMG_1563.JPG


↓ここが、もともと緑の牧場だったというのに、驚きです・・・。
実は、火山灰や噴石で廃墟となった施設があったりして、
火山の雄大な風景に感動しつつも、
人の営みの痕跡があると思うと、少し複雑な思いになります。


IMG_1555.JPG


IMG_1564.JPG

建物が火山灰や溶岩で埋もれている風景もところどころあったのですが、
なかなか、写真にはおさめ辛いですもんね・・・。


三宅島レポ、まだまだ続きます!

2013年03月28日

三宅島~その3:アクセス

三宅島へのアクセスは、
今のところ、ANAの欠航率が高いので、

確実なのは東海汽船か、
調布からのヘリで八丈島へ行ってそれから船、大島までヘリでそこから船など、
の方法があります。

IMG_1454.JPG
(東海汽船さるびあ丸)


私たちが知らなかったのは、3月は海が荒く
東海汽船が「条件付き」で就航という、
もし、桟橋の波が高すぎたら、島へ寄港しません。ということがよくあるそうです。
今回、私たちもそうでした。
(また、5月あたりは波は落ち着くそうです。ただ、ボルダーシーズンとしては、暑い)

三宅島は港がいくつかあるので、
波の様子をみて、
「条件付き」と出されても、まあ、8割方寄港するそうです。

ただ、運が悪いと本当に寄港しないこともありますし、
もしくは、最悪なのは、帰る日寄港しないってことになると、
1日2日船を島で待っていなければいけないので、
少し、大変です。


確実なのは、ヘリかもしれません。
(八丈島、大島への船は寄港率は高いそうです。)

三宅島の観光協会の方に
天気図を見てもらえれば、だいたい寄港できるか教えていただけますので、
相談してみるといいです。

東海汽船の方に相談すると、
あくまで、条件付きですので、寄港するかわかりません、と言われてしまいます。


東京から行くには、竹橋の桟橋から船に乗ります。

IMG_1691.JPG
(竹橋の桟橋)


一日一便。
東京発22:20分発、三宅島には、朝5時ごろつきます。
帰りは三宅島14時20分発、東京18時30分ころつきます。


今回は安い、2等和室。
IMG_1455.JPG

薄い毛布を1枚100円で貸し出していますが、
私は、快適に寝たいので、エアマットとシュラフを持参。
おかげで快適でした!


夜遅くの出発ですが、
ご飯をレストランなどで食べずに、
お弁当など買って、
寒くなければ、デッキで東京の夜景を見ながら夕食でもよかったなぁ~と思いました。

IMG_1461.JPG
レインポーブリッジがとってもきれいに見えました!


船内はシャワーや飲み物とラーメンの自販機、コンセントなどもあります。


朝は、レンタカー会社がもしくは民宿の方が港まで迎えに来てくれます。
(朝早いので、民宿で別料金で少し仮眠や朝食も可能)

私たちは、朝一から日の出を見たり、観光したりで
仮眠をせずに、レンタカーを借りて動き回りました。

島一周は車で1時間ほど。
寄り道などしても、2,3時間で全部まわれてしまいます。

今回お世話になった民宿は阿古地区の「サントモ」さん

IMG_1550.JPG
(今回の仲間、鞆さん、大阪さん)

お料理も豪勢です!
地元の明日葉の天ぷらや、イナダ、三ツ星と呼ばれるソーダガツオのお刺身、亀の手のお吸い物
岩のり、とってもおいし方です~。

IMG_1546.JPG

IMG_1638.JPG

三宅島はコンビニもなければ、スーパーも小さく早くに閉まります。
(飲む方はビールを早めに買っておくことをお勧めします。)

また、食べるレストランや居酒屋のようなところも非常に少なく、
あまり見受けられないので、
民宿でご飯を頼むことを強くおすすめします。

阿古地区には、唯一の温泉施設もあります。
ふるさとの湯。
緑がかった褐色お湯。とっても、いいお風呂でしたよ。
IMG_1637.JPG


また、サントモさんの前のスーパーでは、
三宅島のパンも売っていて、

「パピロ」

papiro.jpg
なにかと思うと、ただのクリームパンなのですが、
地元の方も、なぜ、クリームパンをパピロというのか知らないそうです(^_^;)

また、阿古地区には、沖倉商店さんが経営する、カフェ691があります。
もし、阿古の港に着いた場合は歩いいけます。

*沖倉商店ホームページ
*Facebook 沖倉商店

ここは、クライミングショップにもなっています。
チョークや液体チョークも手に入りますよ!

また、クラッシュパッドもレンタルしています。
6枚ほどありますので、数人で借りても安心です。

私も今回はマットをお借りしました。
やはり東京から持っていくとなると荷物にもなるし、
マットを2等和室で、敷きふとん代わりにしようと思っても、
銀テープで区切られた一人分の枠をはみ出してしまい、隣に迷惑がかかるので、
敷きふとん代わりにはならなさそうです。
なので、レンタルがおすすめです。


IMG_1510.JPG


IMG_1509.JPG


IMG_1507.JPG

オーナーの沖山さんと。ここではいろんな三宅島クライミングの情報が手に入ります。
まずは、ここへ足を運んでみましょう!

ボルダーに行く前、行った後、
ぜひ、休憩がてらおいしいコーヒーを飲みに行ってみてください。
おすすめは、三宅島ブレンドです~。


三宅島クライミングクラブのTシャツも手に入りますよ!
IMG_1698.JPG


IMG_1699.JPG


三宅島ボルダーの情報は、

三宅島フリークライミングクラブで入手できます。

こちらで、ボルダーエリア(釜の尻エリア、錆が浜エリア)のPDFのトポもダウンロードできます。
また、ルートもあるので、一緒にダウンロードできます。


次回は,
今回、私がトポに載っていない新エリアで
いくつか課題を作ってきましたので、
新エリアの紹介をしていきたと思います!

2013年03月29日

三宅島~その4:立根エリアのボルダー

すでに、保科宏太郎くんや、飯山さんが課題を残しているエリアですが、
私たち3人で、課題を数本登りました。

グレードはどれも5級から3級の間くらいかと思いますが、
今回はあえてグレードは書いていません。
三宅の地元の方が、グレードをほかのエリアと合わせて
グレードを付けていきたいということで
お任せすることにしました。

のちのち、新しくトポが作られたら、参照して下さい。

私と鞆さんが初登して、よかった課題には名前を付けました。


2013-03-27%2021.44.13.jpg


img250.jpg

img248.jpg


IMG_1568.JPG


IMG_1647.JPG


IMG_1660.JPG


IMG_1661.JPG

IMG_1662.JPG

IMG_1650.JPG

IMG_1657.JPG


IMG_1652.JPG

(下地が悪いので注意)


IMG_1653.JPG


IMG_1655.JPG


IMG_1667.JPG


IMG_1669.JPG


今回一緒に岩場に行ってくれた三宅島クライマーです!

三宅島~その5:新鼻新山エリア

こちらは、新しいエリアです。
新鼻新山のエリア。

ここは、7~10mくらいのクラックがたくさんあります。
クラックの課題も作れそうです。
三宅島のクライマーさんもいくつかクラックの課題に手を付けているようですが、
まだまだ開拓中だそうです。

下地があまり良くないので、
固めにクラッシュパッドがあったらいいと思います。
3枚あれば、安心です。


立根エリアと同じく、
グレードは地元の方につけて三宅島のグレードで合わせていきくそうですので、
グレードは書いてありません。

5,6級から3級程度です。
新しくトポができましたら参照して下さい。

2013-03-27%2021.44.1.jpg


img251.jpg

img249.jpg


IMG_161q7.JPG


IMG_157922.JPG

IMG_1580.JPG

IMG_15862.JPG


IMG_15872.JPG


IMG_1612.JPG

IMG_1607.JPG

IMG_1605.JPG

IMG_1604.JPG


IMG_1596.JPG

IMG_15902.JPG

IMG_160222.JPG

IMG_1599.JPG


IMG_1603.JPG

IMG_1608.JPG

IMG_1609.JPG

IMG_1629.JPG

IMG_161421.JPG

2013年03月31日

三宅島~その6:お別れ

短い間でしたが、
本当に三宅島は楽しかったです!

島の方から、いろんなことを聞けましたし、
なにより、島の自然がすごくよかったです!

イルカ、ウミガメ・・・
火山のパワー、
太陽が緑に見えるグリーンフラッシュや月光の虹も見えるそうですし、

ぜひ、興味が湧いた方は、
三宅島に足を運んでみてください!


帰りの桟橋で、
皆さんが見送りに来てくれました!

IMG_1678.JPG


IMG_1679.JPG

前日までの波の荒さが嘘のように
この日は静かな海でした。

帰りの船では、
ポータブルDVDを持ってきて、
三宅島の2000年の噴火、全島避難の時を映画化した

「ロック~わんこの島」


をみて、過ごしました。


こんな、時期もあったんですもんね。
自然の脅威も受け入れて、
島と共に生きている皆さんが本当すごい!


今回大変お世話になった、沖倉商店の沖山様、
三宅島フリークライミングクラブの皆さんには、
改めてお礼申し上げます。

IMG_1690.JPG

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/