« マタニティクライミング2~安定期5ヵ月 | メイン | 日経gooday »

マタニティクライミング2~トラブル続き6か月

6か月は体のトラブル続きでした。
5ヵ月に入っていきなり動いて頑張りすぎたかもしれません・・・反省・・・。

妊娠性痒疹 低置胎盤 タンパク尿のこと。

なんか、お風呂に入ってあったまると脇の下やお腹のおへそのあたりがかゆいなぁ・・・と思っていて
検診の時に先生に言ったら、皮膚が伸びていくのでかゆみが出る人がいます。
と言われました。

しかし、翌日からどんどんひどくなって赤いポツポツができて、そのまた翌日には、あれよあれよと全身に広がって行きました。
で、もう、眠れないくらいかゆいし、体がだるい!産科に電話すると皮膚科に行った方がいいと言われ、妊娠性痒疹かな?と診断され、人によっては、うまれるまで治らないよ、と言われてビビりましたが・・・
ステロイド剤を処方されました。

これが、また、悩む・・・。賛否両論あると思いますが、なるべくなら使いたくない・・・というのが本心の私。
いったんはすぐよくなるんだけれど、塗らなくなるとまたすぐ出てきてしまい、また、表面だけよくなっても根本治癒にはなってないよな、という考えの私なのです。
でも、自分でできることをやってみて、それでも治らなければ、ステロイドも仕方ない、頼ろうと心に決めて。

前回書いた、体を見てもらっている各先生にいろいろ相談して、いろいろ体のケアを試しました。
まず・・・。


★循環を良くする

・水分摂取

とにかく私はつわりでなかなか取れなかったのもあって、循環に必要な分だけの水分が
身体に足りていないとうこと。
お茶やジュースでなく、一番体に吸収されやすく、体内でろ過(ジュースだと水分と果実分など)しなくて済む白湯がベスト。
それを、めんどくさいんだけれど、白湯をさらに体内に吸収しやすくするために
唾液としっかり混ぜてそれをちびちび、ちびちび飲む。
という方法。
経口補水液ではダメなのか?と思ったりしましたが、悪いことはないが、理論上のもので万人に会うような浸透圧なので、一番は、自分の体液である唾液と混ぜることが一番自分の体には吸収されやすいということだと言われました。
これが、また、つわりで白湯を飲むのすらしんどかったですが、さらに、唾液で混ぜるのでぬるくて気持ち悪い水になるし・・・(吐き気があるので、冷たい水が気持ちいい!)

でも、そんなこと言ってるん場合でなかったので、言われた通り頑張って水分摂取に取り組みました。一日400mlの水筒に入れてこれを目安に。もちろん、お茶やジュース、味噌汁、スープも飲みましたし、しかし、その分は水分を摂取したカウントにいれない、ということでした。


・ふくらはぎのポンプ機能を作用させる

まず、子供を寝かしつけながら、壁に90度になるように足あげ。これで狸寝入りして、子供が寝るまで足あげしてました。

足の裏が固かったので、タイミングよくなくなったサランラップの芯でコロコロと歯磨きやドライヤーのときにマッサージ。
イボイボのものだと均一に圧がかかりにくいのと、圧のかかりすぎになるそうなので、ラップや青竹ふみなどの丸みを帯びていた方がいいそうです。

あとは、本当はゆっくり歩くのがいいそうですが、しんどくて歩けないので、足首を曲げ伸ばししてふくらはぎを刺激。

こんなことをやりました。

★腎臓の疲労

腎臓が疲労して、老廃物がうまく排出されないと、こうやって蕁麻疹として皮膚から排出させようとするらしいです。ニキビと同じようなものですね。
ということで、腎臓のケア。実際、検診でも初めて尿たんぱくが出てしまいました。

・とろろ芋がいい
ということで、さっそくとろろ飯にしてみました。その他、根菜類がいいそうです。

・腎臓体操
脇をしめ、ひじを90度にまげて、左右に体をひねる。これで、腎臓のマッサージになるそうです。
あとは、ユタポンなどであっためたりしました。


★よもぎ、馬油

かゆみ、蕁麻疹、湿疹によもぎがいいということで、通販で乾燥よもぎと不織布のパックを買ってよもぎ湯にしました。

あとは、赤ちゃんの湿疹でも使えるというヨモギローションが売っていたので、そちらも購入。
ローションを塗った後は抗炎症作用のある安全な馬油で保湿。

★ホメオパシー

単なるプラセボ効果、とも言われていますが、副作用もないし、やってみて、自分にヒットすればいいと思って試してみました。

4か月の時低置胎盤と診断され、どうしようかと悩んで、いろいろ調べたら、ホメオパシーで前置胎盤にいいといものがあるとあって、それで実際4センチあげることに成功!

自己判断での注文ですがすが、ホメオパシーのエリゲロン(Erigeron)というのを通販で購入。

実際、低置胎盤の時もケアの先生に相談して、冷えから来たりする、とか言われたり、
内腿の固さがあると子宮下が伸び辛くなってそのまま子宮上だけがが伸びていくと、相対的に胎盤が上がったこと(胎盤自体は動かないので)にならず、そのまま前置胎盤になっていくので、内腿のゆるめて子宮下を伸びやすくする、などもケアもしましたが、どれが効いたかわかりませんが、その中にホメオパシーも取り入れました。

今回は、腎臓に効くものと書いてあったのと、疲労、自分の問題にあうものを自己判断で調べてチョイス。

カンサリス・・・やけるような痛み、腎臓に疾患
ユーパトリウムパーフ・・・蛋白尿
シイピア・・・疲労困憊、妊娠中の問題、夫や子供がうっとうしい(←こんな症状にもきくの!?と思いました)
サイオシマミナム・・・腎臓の問題、ケロイド


これをまとめて一粒づず、朝晩、20分以上の食事間隔があるときになめる。


こんなセルフケア&実際のメンテの先生のケアなど受けて
かゆみ初めて1週間くらいははどんどん広がってこのまま治らないんじゃ?って思うくらいかゆかったですが、
その後ケアに行ったりセルフケアも始めた後は3日もするとかさぶたになってきて4日後には引いてきました。
ケアしても1週間でよくならなければ、ステロイドにたよろう!という保険だけはしっかりかけておきました。
6日後にはぶつぶつも平らになってかゆみもなくなりました。これでよくなる!と思っていましたが、
しかし、1週間を過ぎて、ぶつぶつはできないものの、またかゆみと赤みが発生!!まじか!
と思いましたが、その時点でホメオパシーの摂取をやめ。
でも、2日もすると、あっという間にかゆみも赤みも消え、
その後再び蕁麻疹みたいになることはありませんでした。かゆみすらもありません。

好転反応(という概念が正しいとか正しくないとかはさておき)がホメオパシーは出る、とあって、それは、同じ個所に同じ症状が治ったと思ったら、再びバッとでて、ここで摂取を中止してその後は根治に向かっていく。と書いてありました。
どうやら、私もそうなったようです。
別の個所に別の症状が出るのは、違うそうです。


というわけで、
6か月は、ヨガやピラティスなどお休みしました。上の子と連れて、遊びに行くだけで疲れてしまって
それどころでなかった感じです。あと、仕事で出張などもしていたので。
7か月間近になって一度だけクライミングに。
ゆるい傾斜で15分だけ。たった15分でしたが、かなり疲れました・・・。


image.jpeg


【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/