aspotaトップサイトマップ

« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月 アーカイブ

2014年02月03日

生まれました!

マタニティートレーニング、途中になりましたが、
無事に1月30日
3160gの
元気な男の子が生まれました!


image.jpg


誘発入院の前日の夜、
破水後そのまま入院、
10時間の陣痛ののち、
分娩時間5分の超安産でした!

これから、落ち着いたら、
マタニティートレーニングの続きとまとめ、
また、産後トレーニングとブログを更新していきます!

少々お待ちを!

iPhoneからアップできるこちらのサブブログには、
毎日の様子は更新していきます^^


しっぽのないにゃんこ
(仕事・主婦・山、そしてにゃんこについて。ほぼ毎日、気ままに書いてるサブブログです。)
%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93.png

2014年02月06日

つづきを書きました!

マタニティー・トレーニング~41週

の続きを書きあげました。

41週0日から4日までこのページにまとめてあります。

41週2日から4日が書き足し部分です!

出産編(陣痛・分娩・出産)~1月29日-30日

(ここからは、結構リアルなので、読みたくない方はご遠慮を)


誘発入院の前日の夜23時。
階段を3時間かけて100往復して、
それでも生まれる気配がなく、
家に帰ってあきらめて
お風呂に入って入院準備をし、
寝る前に、自作のゴリラの格好をしたゴリラ体操をしていたら

奇跡!!

いや、努力か!?

プチッ!と音がして、そのまま、ダーッ!と破水したところまで
書きました。


41週4日目(1/29) 23時・・・破水

家での破水だし、旦那さんがちょうどクライミングジムから帰ってきたし
とにかくラッキーづくめ。

今思えば、最後の湯船まで使って、歯磨きも終わって
なんて親孝行な時間に破水してくれたんだ
って感じです。

そのまま夜用ナプキンを付けて旦那さんに病院まで車で送ってもらう。
40センチのもので、車で15分の病院まで余裕でもちました。


車のなかで、下腹部が不定期にチリチリを痛み出す。
生理痛のような痛さ。


大部屋の陣痛室へ。私一人。しかし、その後すぐ、2人入院。
隣の人は、もうすでに苦しそう・・・。

破水しても陣痛につながらず、2,3日苦しむ人もいるとよく聞くので
せっかく促進剤投与が一日延びたのに、
ここへきて、促進剤は嫌だ!という思い。

まだまだ、痛みの間隔が20分だったり15分だったり10分だったり不定期。

「痛みの波が来たときに、肛門体操をやると、次の痛みの波が来やすいですよ。」
とアドバイスをもらう。

お尻の穴をゆっくり絞めて、ゆっくり緩めるという体操。

夜も更けて、痛みもまだ軽いので
うとうと寝入る・・・・。


41週5日目(1/30) 3時・・・心拍異常

夜中、お腹につけた胎児の心拍モニターがピーピー言い出したので
ナースコールをすると、
助産師さんがものすごいあわただしくなって、

「〇〇さん呼んで!急いで!」

と3人がかりの助産師さんが集まって
私の体を右へ左へ揺らし、

「深呼吸!!急いで!!」

と、別に私はドキドキもしてないのに、深呼吸させられる。
どうやら、赤ちゃんの心拍が異常に下がったらしい。
身体を揺らしたのは、胎児の位置を変えてへその緒の位置をずらしてたようだ。

「深呼吸して正常にもどったのでよかったです!痛みの時に無呼吸になりました?」

たしかに、いつもの日常生活でやってるみたいに痛みが来て、
クーッと無呼吸になってしまった。

痛みの波に乗って、
「スゥー、ハァ―」
と呼吸しないといけないようです。これは、マタニティーエアロで練習していたので、
練習通りの呼吸をしたら、
心拍は安定してきました。

なんか、スキューパーダイビングの呼吸のよう。
痛みもまだ少なく不定期なので、ここで旦那はいったん家に帰る。


4時・・・また心拍異常

また、心拍モニターがピーピーなる。
助産師さんがまた3人がかりであわただしく
私の体を右へ左へ揺らす。なんだか、やばい雰囲気。
このまま私の赤ちゃん死ぬのかな?
と少し頭をよぎる。

でも、自分でまた、寝入ってる間に、痛みが来て、
ついつい力んでしまい、無呼吸になってしまったことを自覚していたので、
息を止めてしまったことを言おうと思ったら、なんだか、言うに言えない雰囲気になって

「1時間に2回もなるなんて!赤ちゃんに異常があるかもしれません。
緊急帝王切開覚悟してください!旦那さんをすぐ呼び戻して!」

と言われ、1時間の帰宅で旦那さんを呼び戻す。

きっと、みんな一度言われたら守っているんだろうな・・・。
2回も同じことやるおバカさんとは、思っていないのだろう・・・。


そのまま、朝まで不定期な弱い下腹部の痛みが続く。
強めの低周波サロンパスで下腹部を押されているみたい。

結局、異常ありの妊婦ということで
大部屋から個室の陣痛室に移される。
旦那用の椅子も丸椅子から肘掛椅子になって立派。
ちょっとラッキー!!

その後心拍は生まれるまで全く異常なし。やっぱり呼吸のせい・・・。

2014-01-30%2014.54.16.jpg


9時・・・診察

朝の診察。院長担当。

「夜中、心拍異常が2回・・・。へその緒が絡まっていたり圧迫してたりの可能性もありますね。
帝王切開も覚悟してください。後で手術準備のため心電図とります。」

と言われたが、自分では、

「完全に息とめてたもんなぁ・・・」

と、院長の言葉、完全ムシ・・・。

「まだ、不定期なのでね、明日まで定期的な陣痛が来なければ促進剤ですね。」

そっちのが嫌だー!!
私も私の赤ちゃんもお医者さんや薬の手伝いいらずに、
自力で出産する気満々なのだ。
この時子宮口1cm


9時30分・・・陣痛始まる

痛みの間隔が8分から7分おきに定期的になってくる!
肛門体操が聞いてきたようだ。
痛みは下腹部あたりが、ジーン、ジワジワ。まだ、全然余裕。
旦那さんと会話したり、本を読んだり。


12時・・・昼食

1,2分の痛み、7,8分間隔あいて痛み
その7,8分の合間にがっつり昼食。
エネルギー補給!
痛みは同じく下腹部がジーン、ジワジワ。強めの低周波サロンパス。
呼吸も痛みの波が来たら
それに合わせて「スゥー、ハァー」で大丈夫。

旦那は暇オーラ全開。キャンディークラッシュというゲームやってる。
つりやクライミングの動画が少し耳障り。
昼食に出ていく。


13時・・・回診

お昼の回診。院長。
お股に手をつっこんで院長の手の間隔で子宮口を測っている!
今まで機械だったので、マジか!とびっくり。
この時、子宮口2㎝。

破水しているので、ナプキンを寝たまま助産師さんにと入りかえてもらう。
すると、

「あれ!?羊水、こんなに汚れていたっけ??」

見せてもらうと、下痢をした時のような色が付着している!

「抗生剤の点滴をしますね。」

と言われ、濁っていたことに焦る・・・。
でも、破水した時は透明だった。
本当、予定日超過ってよくなかったんだな、ごめんね赤ちゃん・・・
この時猛反省・・・。

しばらくして、
「尾川さん、オゼックスのアレルギーありましたね。ニューキロン系で同じなんでね、
抗生剤やめますね。」

そう、中耳炎になった時に出された抗生剤で発疹が出たことがあったのだ。

「熱もないですし、心拍も大丈夫なので、とりあえず、打つのはやめますね。
破水した人は18時間後生まれなければ打つ予定だったのですが、
これも、やめますね。」

ということで、自分の中では、
おお!
ラッキー!
これでまた、薬を使って産むのを脱がれた!
という思いのが強かった。


14時・・・体をふく
少し下腹部の痛みも増してきている。多く深呼吸しないと、痛みが逃げない感じ。

ここで、助産師さんが体をふきに来てくれた。
破水した人はシャワーに入れないそうだ。

むしろ、この痛みのなかでシャワー浴びなさいって言われるのは
酷だな、めんどくさいなぁ、と思っていたので、
ふきふきしてくれてむしろラッキー。

また、助産師さんがお股に手をつっこんで子宮口を測る。
子宮口3cm。
旦那さんが
「1時間に1cmのペースだね。10㎝から分娩なら22時ごろには生まれてくるかなぁ。」

と予測。

ここで、トイレに行きたくなって
痛みの合間をぬって、トイレへ。
ラッキーなことに、お通じが!

痛みが激しくなる前、分娩台に乗る前にお通じがあって、
めちゃくちゃラッキー!

昨日の、ラブレ、ビオ、が効いたのかも。

旦那さんは相変わらず、暇そう。


15時・・・まだまだ!

5~6分間隔の休みに1~2分の結構激しい痛み。
下腹部から股関節にかけて
ズーン!ドーン!ミシミシ!という感覚。
痛みが来たとき、足に力を入れていないと体が負けそう。

下半身が砕けそうになる。

「まだ、まだ!」

とエアロの先生の言葉を思い出して口ずさむ。

とにかく、スゥ~、ハァ~、の呼吸をつづける。でも、まだ、サブブログに実況できるくらいの
痛みのないお休み時間もあって
回診にきた助産師さんに、まだまだこれからねー、顔つきがゆるいわよ。
と言われる。


16時・・・眠気に襲われる

5~6分間隔おきの痛みが続く。
助産師さんに

「2~3分おきにならないとね~。まだまだね~。」

といつも捨てゼリフ。

下腹部~股関節~お尻の側面にかけて、
ズドーン!ズドーン!
と痛くなる。

呼吸に加えて、

「ヒィ~!!ハァ~!!」

と声を出さないとつらいくらい。

子宮口4~5cm。
やっぱり、1時間に1㎝のペース?

痛みのお休みの時間、5,6分の間に、
まるで、麻酔を打たれたかのような眠気に毎回襲われる。
すごく不思議な感覚。

どうやら、ホルモンの関係らしいが・・・。


17時・・・骨盤が開く

痛みが本格化!!
でも、痛みの間隔は5~6分。
2~3分にならないもんかと、陣痛計測アプリとにらめっこ。

息づかいもかなり激しくなる。

「ズィィイイ~~!!  ブァァアア~~!!」

となる。
5~6分のお休み、1~2分の痛みなのだが、
その痛みが4~5分おさまらない時があって、
それを境に、骨盤が横へ横へ開いていく痛みに変わる。


18時・・・時代戻れ!

夕食が出されるが、ムリ・・・。
起き上がることさえできない。

旦那さんに食べてもらえばよかったが、
旦那さん予想、22時出産だったので、まだまだと思い、食べに出て行った。

このころ、

「もう、キャンセルさせてくれ~!」

「時よ、妊婦の時代に戻れ~!」

「麻酔してくれ~!帝王切開でもいいから~!」

と思うように。
本当に、旦那さん予想の22時なら、
もたない、体が!!

お休みの時間は痛みがスーッと引いてきていたのに、
このころになると、
お休みの5,6分も下腹部がチリチリと痛み、あんまり休めない・・・。

1~2分の激しい痛みの時は、お尻の側面がミシミシと痛み、骨盤がどんどん開いていく感じ。
旦那さんにお尻をさすってもらいたいのに、

こういう時にがぎって、いない!
役立たず!


子宮口5~6㎝。
痛い中、助産師さんにお股に手をつっこまれて
測られるのも、これまた、痛くて苦痛・・・。
もう、人と会話が全くできない、起き上がれない。

エアロの先生のアドバイスで、
出産はスポーツをおんなじ!
アミノ酸飲んで!

ということで、お水ではなく、先生おすすめのバームウォーターを飲み始める。


19時・・・ナースコール

旦那が夕食から戻ってきた!
ようやく、お尻をさすってもらう。このころは、とにかく休みなく、ひたすらお尻の側面が痛い!

骨盤がミシミシを開く痛み。
何もできず、ベッドでまるまる。

そのうち、肛門あたりにもズンッ!ズンッ!と痛みを感じるようになってくる。

しばらくして、肛門あたりで、釣り上げた魚のようにピクピク飛び跳ねる感覚。

「やばい!出てきそう!!」

初めて助けてのナースコール。

助産師さんがお股に手を入れて様子を見る。

「子宮口7cm。まだまだ狭いんでね・・・。全開が10cmですから
もうちょっと待とうね。」

と優しく跳ね返される。


魚のようにピクピクなった赤ちゃんの感覚の時は
とても、息みたくなり、
息つがいも、

「ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!」と、過呼吸気味となる。

旦那さんが
「ともちゃん、呼吸!呼吸!」

というが、ムリ・・・。


2~3回、痛みの波、息みたくなる感覚を我慢して、ダメだ!
ナースコール。

「でる!でる!でる!出ちゃうよ~~!」

助産師さんが、お股に手をつっこみ、赤ちゃんの頭を掴んでいる感覚。

「次の痛みの波で、ためしに息んでいいよ。」

と言われ、息んだ勢いで、
助産師さんが少し赤ちゃんの頭を引っ張る。

「よし、分娩台用意しておきますからね!」


え~!!まだ、用意してないの~(T_T)
早く分娩台に行って息みたい!


エアロビの分娩記録ノートを読んでみたとき、
7㎝~全開の10cmになるのに、
2時間、3時間かかっている人が多かったので、
私も、それくらいまだまだ長くかかるかと思ってしまう。

夕食も取れてないし、
エネルギーを補給しておかないと、
身体が2,3時間持たないと思って、
持ってきておいた
ゼリー飲料を何とか口に含んでエネルギー補給。

ここで、エアロビの先生おすすめのバームのゼリーを補給。

2,3分後次の痛みの波がきて
また、助産師さんが、お股に手を入れて
赤ちゃんの頭を引っ張り出す感覚。

すると、骨盤に、赤ちゃんの頭がパカッとはまった感じに!

「行きますよ分娩台!」

「えー~!どうやって行くんですか!!頭が、頭がはまってますけど!」

「早くしないと、次の痛みの波が来るよ!早く!」

と言われ、ベッドから力の限り起き上がって
助産師さんに股を抑えてもらいながら、がに股になって、
5メートル先ほどにある分娩台に歩いていくのに、
全力を使う。


19時20分頃・・・分娩台へ


子宮口7cmから私の場合、
あっという間に赤ちゃんも降りて全開の10cmなったようで
あれよ、あれよ、という間に分娩台へ

ここの病院のは、映画とがでみたのより、
あまりリクライニングが来てなくて、
もっと、寝る体勢で息むのかと思ったら、
新幹線のリクライニングくらいしかない。

この痛いのに、
意識も遠のく中、
この分娩台に乗るのかぁ(>_<)って感じ。

足にレッグウォーマーみたいなのを付けられ、
尿管にカテーテルを入れられ、点滴の準備をされる
痛みの波に合わせて、
波のピークで息を止めて腹筋に力を入れて息む。

「うまい!うまい!上手ですよ!
先生呼んで!すぐ呼んで!」

あわただしくなる。

なるほど、この息み具合で大丈夫なんだ。


よし、コツがわかった。さっきの倍は腹筋で押し出せるぞ!

次の痛みの波が来て

「んんんん~~!!!!」

かなり長く息を止めて腹筋で押し出してみた。


19時31分・・・誕生

分娩台で2回目の息みで

スルスル~

っと感触がして

「19時31分、男の子生まれましたよ~」

「え~!もう、生まれたの!?」

と旦那さん。
私も、心の中で同じ言葉。

「こっからが長いと思ってたのに・・・。」

と、なんだか残念そう・・・。

お腹にいるときから、
「ところてんのように出るんだぞー!」
と言い聞かせたかいがあったかも・・・?


へその緒を切られた赤ちゃんは
そのまま私のお腹の上に乗せられた。

羊水まみれで、
身体もふやけていて、
ほんのりあったかい。

思わず、痛みの解放と、疲れ
ようやく出会えたことに、
嗚咽してしまった。


初めてだんなさんが、

「頑張ったね~。」
と私の額をなでてくれて、

はぁ~、うまれた~
と、実感・・・。
ずっと、まってたよ~。

2014-01-30%2019.47.15.jpg


20時・・・カンガルーケア

陣痛時間10時間
分娩時間5分の超安産で生まれ、

その後は、旦那さんが
体重を測りに行ったり、足に名前を書いたり。
3160gでした。

その後、うまれてから先生ようやく到着。
結局この子は最後まで、薬いらず、医者いらずで
本当に自力で生まれてきました。


私は、息みすぎて会陰が避けてしまったようで
チクチクと先生に30分くらい2か所も縫われ、
治りかけていたい痔もさらにひどい具合に腫れ上がっていた。

もう一度、尿管にカテーテルを入れられ
たまった尿を取り出す。
みたら500ml位たまっていてびっくり!

どうやら、出産すると、いろんな部分が緩んで、
尿意がなくなるらしい。

しばらくして、
ちょっときれいになった赤ちゃんが
隣にやってきて、
おっぱいの上に乗せられる。

助産師さんが、私の乳首を
これでもか!というくらい力いっぱいマッサージして

「いててて~(>_<)」

という間に、ほーんのちょびっとお乳がにじみ出てきた。

「ほーら、初乳だよー」

といって、赤ちゃんが私のおっぱいを探し回る顔が
なんとも、鳥のひなが、餌どこだー!
と探し回るのに似ていて、
笑ってしまう。


2時間分娩台の上で休憩しながら
抱っこして、

本当に、この子がお腹にいたのかなぁ。
と実感がわかなくなることもありながら、
これから、3人の生活が始まることに、
わくわくもあり、不安もある、
気持ちでいました。

2014-01-30%2021.16.27.jpg

22時・・・その後

よたよたしながら
車いすに乗せられ、
病室に移されて、

この日の大仕事は、ようやく終わり、
赤ちゃんとはいったんお別れ。

私も、眠りにつくのでした。

2014-02-02%2019.43.14.jpg

䔥┳ŗ܀>

2014年02月13日

産後トレーニング~生後0週

出産後、
その夜は、体中がぐったりして、
あちこちと痛い!
という感じでした。

骨盤がぐらぐらする感じ・・・。

とにかく足のむくみが半端なかったです。
足のむくみ防止ソックスがものすごく役立ちました。

%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0.png


あまり骨盤をゆがませないように、
とにかく横に寝ないで、
仰向けで寝るようにしました。

それがまた、つらかった(>_<)

トラブルは、
腫れあがった肛門の痛み。
会陰の縫合の痛み。
排尿痛。

とオンパレード。

歩くのはよたよた。
座るのも寝るのもひと苦労でした。


骨盤が、パカッと空いた感じが
1週間は続きました。
骨盤底筋がゆるゆるになって、
尿意が感じられなくなったり、
したらしらで、
だだもれ感がすごい!

便も怖くてして、痛くて力めない。

といった感じでした。

その日、尿意があったあと
骨盤ベルトの使用が認められたので
トコちゃんベルトを着けてみました。

toko.jpg

私は講習も受けに行ったので
説明書に書いてある骨盤ストレッチをやってから
正しくつけてみました。

ただ、やはりきつく締めすぎると
足がむくみ、循環が悪くなるので
若干緩めがいいと思いました。

いくら、骨盤をしめたいといっても、
循環が悪くなっては、
回復によくない・・・。

しかし、翌日から、
赤ちゃんと病室が同室になって、
おっぱいトレーニングやら
沐浴講習やら
忙しい日々になり、

これまた、トラブルは
おっぱいが野球ボールのように
バンバンに張って痛くなって眠れなかったりしました。

慣れない授乳で肩こり、首こり・・・。

もちろん、赤ちゃんが数時間おきに起きるので
睡眠不足も・・・。


さて、そんななかでも、時間ができたら
産褥体操を励んでいました!

この本がお勧めです。

51QquzwrywL__BO2%2C204%2C203%2C200_PIsitb-sticker-arrow-click%2CTopRight%2C35%2C-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

産後、翌日からできるストレッチや体操が
書かれています。

まずは、
足首を曲げたり伸ばしたり・・・

そんなところから、
ももを上げたり降ろしたり
骨盤底筋をしめてみたり。

本を見ながら
毎日3~5回はやっていました。

ここで、紹介するより、
とても丁寧に書かれているので
本を買っていただいた方が早いかな?
という感じです。


そういえば、
私は妊娠前の体重を公表しますと
47.8kg
大体48㎏に行かないくらいでした。

まあ、48㎏として

63.5㎏まで増えました!!
およそ15㎏

出産後、58.6㎏
5㎏位しか減ってない(>_<)

しかし、4日後の退院時は母乳や疲れもあってか
55.2㎏まで減りました。

ここから、目標は、
おっぱいがどうしても
妊娠前に比べて1㎏は重みが増してる感じなので、
なんとか、49㎏まで持っていきたいな、
と思ってます。


さてさて、いつ、どこまで回復できるか、
自分でも、楽しみです。

この産後トレーニングも
マタニティートレーニングの時と同様に、
1週間1回ペースで
レポできたらな、と思っています。


2014年02月19日

産後トレーニング~生後1週

週の始め

出生届や児童手当、医療費補助の手続きに
市役所に行ってきました。
旦那さんが出張で休めないので
お義母さんがいて、赤ちゃんの面倒をみてもらえる間に
私が行くことにしました。

たった、1時間くらいの手続きでしたが、
役所を歩いたり、座ったりするだけで、
結構しんどい!

家に帰ってぐったりしてしまいました。
まだまだ体がいうことをきかないってことを
実感・・・。

ただ、骨盤が開いている感じは、無くなってきました。
大分、しまってきたな、という感じ。


精神的には、
お義母さんが帰ってしまうこともあり、
なんだか、急に

「これから、昼間私とこの子二人で大丈夫かな?」


急に不安がよしよせ、

涙がほろほろと止まらなくなりました。
旦那さんがスマホでゲームやってるの見るだけで悲しくなったり・・・。

こんなことで、普段、不安になったり悲しくなて泣くなんてことまでないので
自分でも、びっくりしましたが
ちょっと、精神的に不安定になっていたかもしれません。

でも、まあ、それも、一日でおさまり、
いつもの自分になりました。


週の終わりになると、
悩まされていた
排尿痛、会陰縫合の痛み、腫れあがった肛門の痔も大分おさまって
楽になってきました。


トラブルといえば・・・

・便秘
そもそも、力む筋肉が衰えてしまったせいか、
排便ができないことに悩まされました。
また、少しでも便が固くなると、痔のせいですごく大変・・・。

解消法としては、
下剤を産科に処方してもらう手もありますが、
私はなんとか自力で解消したいと思い、

ダノンのBioの脂肪0%
カゴメのラブレ、
オールブラン、
こんにゃくゼリー
難消化性デキストリンのイージーファイバー
干しイモ
根菜の摂取
食事の後に、肛門をしめたりゆるめたりの肛門体操
をしたら、解消されました!

kea.png

一日だけ便秘で
あとは、毎日お通じが来るようになりました。

・口内炎

下唇におおきな口内炎ができてかなり痛かったです。
ストレスなのか?乾燥なのか?

布マスクをして馬油を付けて保湿、
首回りをゆたぽんで保温
睡眠もこまめにとるように心がけたら
2週目の終わりにはかさぶたになって、
よくなりました。

また、とにかく、飲み物は白湯を積極的に摂取。
少々塩を入れて、
身体に取り込みやすいように。
身体がおっぱいですわれて水分不足にならないように気を付けました。


・乳口炎

乳頭に白い斑点、乳首の口内炎のような痛い物ができてしまいました。
また、その斑点の周りから血も出てきて
その血がかさぶたのように固まって
乳首が固くなって
授乳のとき痛くて
苦痛で苦痛でたまらなかったのですが、

新生児訪問にきた助産師さんのアドバイスなどあり、
浅飲みが原因のひとつということで、
深く吸わせること、
縦抱きやフットボール抱きなどで、
乳首への圧力を分散させること、

あとは、馬油とサランラップで保湿するとよくなるという
情報を得てやってみると、
日に日によくなってきました。

ただ、サランラップがごわごわして、
2,3日するとかぶれてしまい・・・

どうしようかと考えて、
キズパワーパッドが柔らかくて保湿もできていいというこを発見!
おすすめは、大きめサイズ。
image.jpg

ただ、普通につけたら密着してしまい、
いざ、授乳するときに乳首が粘着剤でべとべとになって大変な思いをしました。で、ベストだったのが、
キズパワーパッドのおもて面を乳首に接するようにしたら、ものすごく快適になりました。

今では、大分おさまっています。

斑点のところは、乳腺も開通していない感じで
おっぱいの一部にコンクリートのような堅い塊がありましたが
保湿のおかげで大分乳首も柔らかくなり、
開通したようで
これまた、楽になりました。

また、授乳前にお湯で温めてから授乳すると、
これまた、ずいぶん楽なことがわかりました。


さて、この週のトレーニング&ケアは・・・

・尿をするときに、おしっこを途中で止めたり、出したりすることで
骨盤底筋の回復

・ストレッチ、体操

肛門を絞めたり緩めたり

仰向けになって、膝をたて、腰をあげる

ももあげ体操。

腰のひねり体操

軽めの腹筋(子宮に負荷がかからないように子宮を手で押さえて)

仰向けで足あげ腹筋(子宮に負荷がかからないように子宮を手で押さえて)

仰向けで足を上げて、足首をぐるぐる
以上を最低1日3回、赤ちゃんが寝ている間に。


・おっぱいケア
ダイエットも含めて
なんとか、いっぱい吸ってもらいたいので
スムーズに出るように。

おっぱいそのもののマッサージも大事だと思うのですが、
私は、その周辺の筋肉もほぐさないと意味がないと思いまして、

手を大きく伸ばして、肩を大きくゆっくりぐるぐる。
脇の下のリンパマッサージ
手を後ろで組んで肩甲骨を閉じる、前で組んで肩甲骨を開く

こんなケアをしています。

・目のケア
床上げ中は目の疲労がすごいと聞くので、

PCにこうやって向かっているときには

ブルーライトカットのメガネ着用
画面を見たあとは温かいアイマスクでケア
目をぐるぐる回したりして目玉の体操

こんな感じです。


床上げ3週間は寝たきりくらいはいい、
とは言いますが、
もちろん無理をしないという意味でそうでしょうが、
私の考えでは、
だからと言って、体操も、ストレッチも、ケアもせずに
一日寝たままっていうのは、
身体の循環もよくなくなって
しまうのでは?
と思う部分もあります。

無理しない程度に、
床上げ中は、体のストレッチ、体操はしたほうが
後々の回復にいいと、考えています。


そして、今週の体重は、
63.5kg→54.0kg
となりました。

まだまだ、お腹がたるんで、
子宮の大きさも回復途上と言った感じです。

2014年02月23日

産後トレーニング〜生後2週

痔や会陰の痛みはだいぶ治まってきて、
下唇に出来た大きい口内炎、
乳口炎も治まってきて
痛みのストレスからは解放されつつある感じです。

しかし、その反面
足のむくみがひどくなってきました。

寝不足もあって、
生活のリズムを赤ちゃん生活に持って行くのが
少しストレスで、
食っちゃ寝、食ちゃ寝してたら、
産褥体操どころでは、
血行の循環が追いつかないのかもしれないです。
有酸素運動したい(~_~;)
でも、まだ、家から駅まで体力的にあるく自信もない
と言った感じ。

あとは、トコちゃんベルトを着けていることもあって
血行が阻害されているかも?
と思い、

もうひとつ購入しておいた
少し伸縮性があって、着け心地がいい
ワコールの骨盤ベルトに変えてみたら、
だいぶ、おさまってきた。

image.jpg

とにかく、あまりベルトに頼らないように
骨盤引き締め体操だけは、しっかりやる。


でも、まあ、そんな、動かない生活なので、
体重は、相変わらずへらず、
55キロあたりをウロウロ‥。
むしろ、一週間前より太ったかも(~_~;)

それにしても、お腹が空くので
食べてしまいます‥。

食事は、宅食を3食のセットを頼んでいます。
旦那さんの食事は
朝はフレーク、昼は妊娠中に作り置きした自作の冷凍食品
夜は宅食と、私が簡単な味噌汁やスープを作る以外
本人がお魚やお肉焼いたり、作ったりします。

ちなみに、
旦那さんは、ワタミの宅食を頼みましたが、
私の宅食は、少し値段は張りますが、
ストークという宅食で、
揚げ物もほとんどなく、
ヘルシーな感じで、
鉄分やカルシウムを強化したメニューになっていて、
ワタミの宅食が、お惣菜を詰め合わせたコンビニ弁当みたいな
のに対して、
ストークは
いいとこの飛行機の機内食みたいな感じです。
なので、結構美味しいです。

image.jpg

でもまあ、これも、1ヶ月ほどということで。

トレーニングは、
簡単な腹筋、
足上げ腹筋
肛門のしめたり、緩めたり体操
腰のツイスト体操
四つん這いになって、手をあげてそれと反対の足を上げる体操

こんな感じでした。

この週は、
寝不足で疲労がたまってとにかく眠い、
授乳つかれで、たまにミルクにしてみたり‥
泣きやまなくてどーしよーと参ったり、
とにかくお腹すいたり、
でも、泣かれてゆっくり食べれなかったり、
シャワーもゆっくり浴びれなかったり。
一日パジャマで、顔も洗わず、髪もくしゃくしゃで‥。

そんなこんなで、

トレーニングレベルは、中の下といった感じでした。


2014年02月27日

産後トレーニング〜生後3週

産後3週目に入って、
随分体の調子が良くなりました。
なにより、母乳がじゃぶじゃぶ出始めたのと
乳頭の乳口炎と血豆が治ってきたおかげで
夜寝る前にたんまり満腹になるまで飲んで、
長く寝てくれるおかげで
睡眠不足が解消されました。

涙がでるくらい吸い付くと痛いのに
がんばってあげてたかいがありました‥。
とにかく、母乳はあげない出ない、と言われたので、
助産師さんからは、我慢してあげた方がよいと
アドバイスされて‥‥
がんばってよかった^_^

あとは、肩周り、首回りのストレッチと温めを
頑張りました。

ピューっと水鉄砲のように出るようになって、
むしろ、むせるくらいですが、
そのおかげで、
母乳がたりないのかなぁ(ー ー;)という
不安から解放されたおかげで
精神的にすごく楽にもなりました。

ぎゃんぎゃん泣かれても、
いいぞ!いいぞ!いつでもおっぱいがあるぞ!
さあさあ、どんどん泣いて飲んで、
私を痩せさせてくれ!
というのも、精神的に楽に。


さて、この週のトレーニングですが
母乳が出るようになったら
生活のリズムもつき始めて
そうしたら、むしろ、育児が暇で暇で仕方なくなりました‥(ー ー;)
大変と聞いてたけど、
一日おっぱいあげるだけで暇だなぁ、と思い
一ヶ月検診をまえに
さっそくウォーキングがてら外に散歩に連れ出しました。
まずは、自宅のまわり。
翌日はスーパーまで。
私の体もだいぶスタスタ歩けるように!
これを気に、また自炊するようになりました。

その翌日は少し遠くのパン屋さんまで。というふうに。
image.jpg

私が使っているのは、
ベビービョルンのオリジナルという
首すわり前の新生児から使える抱っこひもですが
自分の腹筋が回復してないせいか、
腰にものすごい負荷がかかり、
ぎっくり腰寸前でした(ー ー;)

腰痛用のコルセットがあったので
それをサポートでつけたら、
随分楽になりました。
赤ちゃん連れてのウォーキングは、
抱っこより、ベビーカーのが
自分の体には優しいかもしれません。

まだ、私はベビーカー買ってないので、
ウォーキングできるベビーカーを購入しようかな。

あとは、クライミングも始めて
2回ほど行きました!

image.jpg

1日目は、1時間、4,5級がなんとか登れて、
2日目は、2時間、3級3本までなんとか登る。
でも、妊婦のときにできなかったムーブ
例えば、キョンとか足上げムーブとか
乗り込みとかは
力が衰えてる!
妊婦の時にできた、アウトサイドとかプチランジとかは大丈夫。

とにかく腹筋が衰えているのは確か。

image.jpg

ということで、
うちで腹筋と体幹のトレーニングをそろそろ追加することに。

image.jpg

お腹に乗せると泣き止むので
仕方なく、お腹に乗せながら
足上げ腹筋。

カタルシスを登る前に
体改善していたときにやっていた、
長友選手がやっていたという体幹の本。
これの初心者コースからまたやり直すことに!
image.jpg

それと、この週は、
産科でやっている
産後の親子エアロビクスにも参加しました。
有酸素で汗をかけて、
かなりストレスも発散できました!

このエアロビクスは、
マタニティエアロビクスの先生と同じ先生なので
さすがに、産後3週で復帰したひとは
尾川さんが初めてだ!と言われましたが、
でも、心と体が
動きたーい!と一致したので
決して無理してるわけでもなく‥‥^^;

クライミングもエアロビクスも
腹五分くらいに抑えてます。


あと、赤ちゃんをクライミングジムに連れて行くとなると
なかなか、泣かれたらクライミングどころではないのでは?
と不安でしたが。

1日目は日曜だったので旦那さんに預け、
2日目は平日の昼間、お客さんも少ない時間に行き、
(ジムのスタッフには、赤ちゃん連れを伝えてあります。)
チャイルドシートで揺られていたせいか、
ぐっすり眠ってくれてました!
後半少しぐずぐすしたけれど、
おっぱい飲んだら、
あとは、ぼーっとおとなしく過ごしてくれました^^;

まあ、またまたお利口だったのかもしれませんが
ぎゃんぎゃん泣かれるのだけが、
赤ちゃん連れとしては、
ドキドキしながら
登らなければなりません。


ちなみに、体重は、相変わらず54キロオーバーを
うろうろと。

なかなか、落ちませんな‥。
現役の頃と、消費してた筋肉量とカロリーが
違いすぎる(ー ー;)


逆に、私にとってプラス五キロとは、
育児に対するストレスをなくすモチベーションになってるかも。

もし、体重が、もとにもどっていたら、
こんなに、育児もトレーニングも頑張れなかったかもな‥
育児が全てダイエットにつながると思っただけで
すごく、やる気になってる自分がいます。

そうでなかったら、
産後鬱になってたかも‥。

そう思うと、この五キロは、
私にとってちょうどよい塩梅なのかもしれません。

でも、落としたい(ー ー;)

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2015年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/