aspotaトップサイトマップ

« 2013年04月 | メイン | 2013年06月 »

2013年05月 アーカイブ

2013年05月01日

エジソンの言葉


しみますね~。

何だか、ボルダリングやってると、
しみじみ感じることがあります。


最初のひらめきが良くなければ、
いくら努力してもダメだ。

ただ努力だけという人は、
エネルギーを
無駄にしているにすぎない。


よくあります・・。
何時間も違った、ムーブで登れなくって、
最後の最後に、
何だ!このムーブだったのか!
って、すぐ登れるとき。
一日なんだったんだろ・・・ってときあります(^_^;)


ほとんどすべての人間は、
もうこれ以上アイデアを考えるのは

不可能だというところまで行きつき、
そこでやる気をなくしてしまう。

勝負は
そこからだというのに。


限界グレードへの挑戦は
まさしくそうですね。
もう、登れないかも?この課題・・・
と思ってからが勝負なんですよね。


人生における失敗者の多くは、
諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに
気づかなかった人たちである。

課題が登れなくて諦めてたとしても、
どれだけ自分が成長したか、
見つめるもの、モチベーションを保つ秘訣でしょうね。
それがバネになるかどうかが決まる気がします。


私たちの最大の弱点は
諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、
常にもう一回だけ試してみることだ。


仲間と岩場に行くと、

「もう、一回!もう一回だけ、すみません!」
なんて、よくあります。
そういう人こそ、成長するのでしょうか(^_^;)


失敗なんかしちゃいない。
うまくいかない方法を
七百通り見つけただけだ。

そう思えば、きっと、いつかは、登れる日が来る!


私はあきらめないことの
天才なのだ。

そうでありたいです!

成功というものは、
その結果ではかるものではなく、

それに費やした努力・時間の統計で
はかるものである。

そうですね、
課題にも、お買い得、お買い損、あります。
三段クライマーだぞ!っていっても、
お買い得三段クライマーなのか?お買い損三段クライマーなのか?
そこに至るまでの努力で、計るものでしょうね。


成功に不可欠なのは、
肉体的にも精神的にも
疲労を溜めずに、

ひとつの問題に
エネルギーを注ぎ込める能力である。

ただ、やみくもにやればいいってもんじゃないってことですね。
疲労をためずに・・・。
これも、大事なことです。
ケガしないことが大事。
そして、自分の限界課題にエネルギーを注ぐ!

先人の言葉って勇気が出ますね~。
少し、モチベーションがあがったかな?


GW後半、岩場に行く方、
頑張りましょうね~。

2013年05月02日

ボルダリング以外はこちらで更新中

image.jpg

↓GW中はこっちに書いてます。
続きは‥↓↓↓

しっぽのないにゃんこ
(仕事・主婦・山、そしてにゃんこについて。
ほぼ毎日、気ままに書いてるサブブログです。)
%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93.png

2013年05月09日

お知らせ

明日、5月10日、

朝日新聞朝刊にて

Volvoのv40 クロスカントリー


の広告にて出演してます!
ぜひ、ご覧になってくださいね!

2013年05月10日

四国ボルダリング~徳島

GWに行ってきました、四国のボルダリングです!

まだまだ、未開な地も多い四国でしょうか、
無数に岩があるように見えます。

まず、徳島から。

シークレットエリアということで
詳しい場所は公開できません。

もし、出かけたい方は、
地元のクライマー、開拓者などに連絡をとって行ってください。


川のエリアですが、
看板課題のクラックのフェース。

X__uGrihayTeH1KySbPjyOT_HoNeKfT7fQCuf4zKrUg.jpg


高さは5,6m位で、結構高いです。
出だしが、バランシーで悪い!
三段でしたでしょうか?

クラックというより、
クラックにできた悪いカチを使って登っていきます。

image.jpg


QgOsU3GHhinfqwRqBPm1Kbgpzq8LcSqavuDDZy912kk.jpg

上部はここから、リップにランジしてました。


課題もグレードもわからないけれど、
うすらチョークがついていたので、
トライ!

丸い岩を抱え込んで登っていく感じ。


I8NUfHgedvf7Tr0RVPNOwJvSw1lc4E-VYj-BXAtfrBM.jpg

でも、どうやら、難しいようで、
敗退・・・・。


この後、一緒に登ったリョちゃんと合流して、
どうやら、メインエリアもっと下流にあるってことで
数分歩いて場所移動しました。


メインエリアには、地元のクライマーの方も
来てました。

大岩がひとつあって、

これまた、6mくらいとかなり大きい!
DSC03932.jpg


この岩には数本のラインが引かれてました。

↑  この課題は、何をやってるのか不明・・・(^_^;)


3UDC9phErIwgHss1F6xpEZlU51BdQz3wpQaf3wsNY04.jpg

↑大きい岩の端っこの初段?かな?


image.jpg

↑ 1級だそうです。


image.jpg

私も、大岩の少し上にある、
まず、2級にトライ!

意外と簡単そうに見えて、
あれれ?上部がむずい・・・!


結構はまってしまって、
最後に、どうやら、ラインが違うんじゃない?
って話になって、

この私の写真のム-ブはよくないようです(^_^;)


簡単なものも含めると、
まだまだたくさん課題があるようです!

次回は愛媛です。

2013年05月11日

四国ホルダリング~愛媛

愛媛のボルダーです。


ここも、場所の掲載は控えておきます。


ひとつ大きな岩がどーんとあります。
7m近くはありそうです!

qMRD-_MsVLaBUQM0xTko_Cfo2MdvfLIBS_CXy6FwWws.jpg


けっこうハイボールです。

真ん中に顕著なラインがあって、
そこが二段。

上部が核心のようで、
何回も上から降って落ちてきていました・・・。

DSC03943.jpg


DSC03950.jpg


うすかぶりに見えますが、
登っていると、結構傾斜も感じてきます。

q7tQ51w6U6NovqdCilEbpJ1qgpAJLitTcGjHbtocENQ.jpg


本当、ワールドクラスの岩です~!!


このラインの左には、三段もあるようです。


image.jpg


これも、出だしから、悪そうです。


私は、左からトラバースして、右上する、初段を登りました。

DSC03968.jpg


あと、ほかに登れそうな岩もありそうでしたが、
この岩だけでも十分な感じでした。
という訳で、午前中で切り上げて、

午後からまた、別のエリアに移動しました。


さて、次回は、高知です!

2013年05月12日

四国ボルダリング~高知・HG渓谷

高知のHG渓谷ボルダーです。

ここも、詳しい場所はブログでは控えさせていただきます。

ここも、大きい岩がでーんとあります。

看板課題のHigh Voltage 二段


DSC04002.jpg


DSC04007.jpg


かなりかぶっていて、
出だしがものすごい遠い!
二人とも、ランジ&振られ、で止めていました。


DSC04044.jpg

ヒールフックも可能なようですが、
私は、ヒールでもかなり遠かったです・・・。


上部もかなり、いやらしいホールドが出てくるようで、
背中落ちしないかひやひやしながら
登ったようです。


High Voltageをもう少しルーフ奥から始めると、
フルメタルジャケット 三段。

旦那さま
「いっしょかみしてみるか~」
とトライ!

DSC04046.jpg

ここから、一手目にランジ!

「はぁ~、このランジの後に、また、High Voltageのランジを止めるのは
しんどいなぁ~」


と、果敢に挑んだわりに、
あっけなくあきらめた。


私は、すぐ下にある、
1級くらいの課題を登りました。

DSC04026.jpg

DSC04029q.jpg

DSC04039.jpg

出だし、バランシー、中間部でプチランジして、
マントルもあり、
1級三ツ星課題って感じで、面白かったです!


この岩の上にも、
なかなか面白そうなスラブ岩もあったんですが、
未登なのか?それとも、課題があるけれど、しばらく誰も登ってないのか
岩に砂が乗っていて、
少々掃除が大変そうで、あきらめてしまいました・・・。


それにしても、
なぜ、HG渓谷??ハードゲイ・・・なんて(^_^;)

開拓された方が付けた名前でしょうか、
つっこまずにはいられないのでした(^_^;)


2013年05月13日

四国ボルダリング~高知・奥吉野

奥吉野ボルダー。


ここの、岩が無限にあります。

まず、看板課題の、
SD四段、スタンドで1級?の課題。


lirzbcd06x_wHEgyZvqYxBz2lP2L6hJNSJbxopnd8-Q.jpg

四段は、1級の合流する部分がかなり
パツパツでやばい・・。

私は、スタンドの1級をトライ。


uWDhvZbc94wJiVXqC9sHHVnN2s2OJNH4gSTpR3PFp9M.jpg


しかし!
先にトライしていた旦那様が、

「やぱい!上部がコケコケ、砂砂で、抜けられない!」

と一言。
後ろから回り込んで岩の上に登って
掃除しようにも、
リップ面のスラブがかなり急で
掃除ができなったようです。

どうやら、トップロープを付けて
一回掃除しないと、
抜けるのが厳しいよう・・・。


さて、気を取り直して、
違う岩に移動。


最後に、ハイボールの1級をトライ!

DSC04057.jpg


DSC04063.jpg


これまた、上部が核心のようで、
上から、降ってくる、降ってくる・・・!


私も、途中のカバまで行くものの、
上部をこなす、勇気がなく、
潔く撤退出てしまいました・・・。

というわけで、

四国ボルダーのほんの一部しか
触れなかった訳ですが、

また、もっと、ほかの岩も、
次回、おさわりできたらいいな~と思いました!

2013年05月14日

東海ラジオ:尾川智子のはーとふるボルダリング

radio3.png東海ラジオ「尾川智子のはーとふるボルダリング」
毎週木曜日 朝5:10−5:20
放送中!!

番組の質問、相談、感想なんでもお待ちしてます!
letter1.pngこちらへ

book.pngバックナンバー

ラジオに寄せられた過去のお便りをご紹介します。
(放送した回答と多少違いますがご了承下さい。)


岐阜市・みどり色クローバーさん(20代・女性)

私は、仕事中地下れたり、ストレスがたまったりすると、
いい香りがする紅茶を入れて気分転換をします。
なので、デスクには、キャラメル、バニラ、オレンジなど、
たくさんのティーバックを常備しています。
尾川さんは疲れた時などに、どうやってリフレッシュしていますか?
そのために常備しているものなどありますか?


%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5.jpg


私が勉強したことからいうと、


疲れをとって、リフレッシュするには、
身体と心と、両方疲れを取らないとリセットもされないわけですが、


まず、身体に関しては、
湯船にほぼ、毎日入るようにはしています。
ほんのり、汗をかくくらい。
香りのいい、バスソルトを入れたり、血行のよくなる入浴剤を入れたり。
やはり、翌日の、疲れの取れ具合が違う気がします。

でも、やっぱり一番は、
岩場のあとの、温泉が一番リフレッシュされる気がします!

身体のリフレッシュに関しては、
とにかく、身体の中にある、疲労物質、つまり、身体にとっては余分なものなわけですが
これを身体の外にだしてやらないと、
リフレッシュされないわけです。

身体の外にいらないものを出すとは、
尿か、便か・・・あとは、汗しか手段がないわけです。
尿も便も、みなさん普通にあるわけですから、
疲れが抜けない、リフレッシュされない方は、
汗もかいていますか?

尿や便だけでは出し切れないものが
汗で出ていくこともあります。

大事なことは、表面だけ汗をかいてもダメ、
内側から出していかないと芯の部分のいらないものは取れない。

お風呂もなるべくゆっくり入ってみたりとか、
ジョギング、ウォーキングしてみたりとか、
クライミングでは、長めの課題をやって汗ばんでみるとか、

有効かもしれません。


心のリフレッシュですが、

私の場合、
もふもふした、毛布や、クッションに
くるまると、
心がふわーっとします。


家に、ネコのしっぽのクッションがあるんですが、
なんとも、気持ちがいい~!


心がリフレッシュするには、
五感を使ってリフレッシュできるのが
良いです。

私のようにもふもふした触覚、とか、
フレーバーティーのような香りでを楽しむ嗅覚や味覚
あとは、視覚、聴覚。


なので、ある意味、
クライミングなんかを趣味で、
リフレッシュの手段、ストレス解消で登っている方は、
実は、身体はリフレッシュされても、
心はそんなに、リフレッシュされていない可能性があります。

きっと、クライミングのレベルアップも、
のびしろがあるのに、のびない方、
マッサージや整体もきちんと行っているのに、伸びない、という方、
身体のリフレッシュはできていても、
気持ちが焦っていたり、追い詰められていたり、
仕事や恋愛で悩んでいて、クライミング中も別のこと考えていたり・・・とか、
心のリフレッシュができていないかもしれません。

なので、五感をつかった、心のリフレッシュ
何も考えないで、五感だけ使って、ぼーっと、や、ほっとすることも取り入れると
よりいいのでは?
と思うわけです。

みどり色クローバーさんなら、
心のリフレッシュはできるかもしれませんが、
なにか、身体のリフレッシュも取り入れてみては?


身体と心と、
両方リフレッシュされないと、
いつか、何年という単位でバランスを崩していき、
ケガだったり、心の病気になってしまうのかもしれませんね。

2013年05月15日

5月16日 ボルダリングワークショップ in ロックランズ

5月16日木曜日
 20時から22時で無料ボルダリングワークショップ行います!
(ジム使用料はお支払いください)

地下鉄東西線 葛西駅近くのロックランズで、
レベル、男女問いません!

7,8級から2級程度までやりますよ!

皆さんと楽しく登りましょう〜。

rocklandsgym.png

rocklandsgym1.png

2013年05月19日

がんばれー!

10年来の後輩であり、友達の
尾上彩ちゃんが、

ワールドカップinインスブルックで、
ただいまセミファイナル2位通過だそうです〜!

初の決勝に向けて、がんばれー!!

ぜひ応援してあげてください〜(^-^)/

2013年05月21日

東海ラジオ:尾川智子のはーとふるボルダリング

radio3.png東海ラジオ「尾川智子のはーとふるボルダリング」
毎週木曜日 朝5:10−5:20
放送中!!

番組の質問、相談、感想なんでもお待ちしてます!
letter1.pngこちらへ

book.pngバックナンバー

ラジオに寄せられた過去のお便りをご紹介します。
(放送した回答と多少違いますがご了承下さい。)


千種区・おでん父ちゃん(50代・男性)

先日、会社の後輩と一緒にクライミングジムに行ってきました。
後輩は、まだ、30代で学生時代ずっとスポーツをしてきたので、
少し難しいコースもすいすいと登っていました。
私はというと、年齢も年齢ですし、
最近は、運動量ゼロなので、壁に角度があると自分の体重を支えるのが精いっぱいでした。
その悔しさから、またチャレンジに行きたいと思っているのですが、
早く上達するには、何をするのが一番効果的ですか?

3028039.jpg


技術的なことを言ったらたくさんあるでしょうし、
きっと、現場に行って、実際登っているのをみて、
指導したり、講習に出たらいろんなことも学べるし、
上達の手助けになるかもしれません。


しかし、ここでは、
技術的なこと以外、どうしたら、上達の手助けにあるかな?
とも思って考えた案をご紹介します。

自分の、クライミングノートを作ってみるのはどうでしょうか?
トレーニングした内容や、ストレッッチの内容、
登った時間、練習の感想、身体の痛み具合や調子など・・・。


私は、こんな感じで、毎日体のデータや
食べたもの、睡眠時間、やるべきストレッチ
その時の自分の気持ちなど、
チャックして、ノートに残しています。

XpoSMx4o2ZhtMHGgKqIEU1BPbjq6kYK926oIxFHpeS4.jpg


内容は、恥ずかしくて見せられないけど・・・(^_^;)


自分カルテみたいな感じ。

かわいいシールなんか使って、
調子よくない日なんか、雨マークのシール
よかった日は音符のシール
何か、発見した時には、鳥さんのシール貼ったりして
楽しくやってます。


sKatXHWWUeHSrKyPEMYNehaKBvYeTQLXyXrQFKCCg1g.jpg


そうすると、過去の自分より、
どれだけ成長したかわかるし、
何を見直さなきゃいけないかわかるし、
忘れていたことも、このノートを見れば、思い出す!

私のとって、必需品になっています。

人の上達の速さと比べると、
遅くって心配になってしまうかもしれませんが、
ノートを付けてみると、
きっと、着々と少しずつでも自分が成長しているのが、
わかって、喜びが上達へのモチベーションになるかもしれませんよ!


2013年05月22日

今日から10日間出張です。

10日間の出張中!
岡山〜愛知〜小笠原です。
ボルダリング以外はこっちに書いてます。
↓↓↓

しっぽのないにゃんこ
(仕事・主婦・山、そしてにゃんこについて。
ほぼ毎日、気ままに書いてるサブブログです。)
%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93.png

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2015年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/