« ジョシュアツリー | メイン | 花粉症に馬油 »

東海ラジオ:尾川智子のはーとふるボルダリング

東海ラジオ:尾川智子のはーとふるボルダリング

radio3.png東海ラジオ「尾川智子のはーとふるボルダリング」
毎週木曜日 朝5:10−5:20
放送中!!

番組の質問、相談、感想なんでもお待ちしてます!
letter1.pngこちらへ

book.pngバックナンバー


ラジオに寄せられた過去のお便りをご紹介します。
(放送した回答と多少違いますがご了承下さい。)


津島市・キレイキレイママさん (30代・女性)

私は少し潔癖症なので、お風呂に入っていない身体では絶対にベットに入らない、また、新しく買ったものは手を洗ってから袋から出すなどのこだわりがいくつかあります。
家族からは、変と言われますがこれだけは譲れないのです。
尾川さんは、これだけは譲れないというこだわりはありますか?


こだわり・・・というほどでもないのですが、
クライミングでトレーニングしているときは、
結構ガムをかんでいますよ。

野球選手がガムをかんでプレーする、そんな感じです。
リラックスできる。
つまり、いい意味で、脱力できることです。


クライミングって力技で力いっぱい登るイメージですが、
実は、そうではなく、いかに、力みすぎないで登っていけるか?だと思います。

やはり、大きな動きが力むとできなくなりますからね。
特に、ランジを始め、デッドポイントなど、ダイナミックな動きは
体が力んでいたら、伸びる距離も伸びない。


それに常に、力んで登っていたら、ヨレちゃいます。
省エネで登ることです。

以前、クライミングにマウスピースは有効か?と思ったこともあって、
ソフトの上野選手やサッカー選手が使っている薄い色のついた、
自分の歯型を取って製作するマウスピースを作ってもらって
付けてはみたのですが、

意外と、ここぞ!って時に歯を食いしばるかと思ったら、
むしろ逆だったりしました。
つまり、歯を食いしばるより、声を出して口をあけて登った方が止まる!

小山田大ちゃんも、よく、核心部分で舌を出して登っているのを見ますが、
つまり、歯を食いしばって力まない方がいいってことでしょう。

あと、ガムをかむことで、あごが緩んで来るというものあります。
肩こり、片頭痛がひどい方などは、意外とあごが凝っているということがあるというのは
有名な話ですよね。


肩が凝っていたら、その分リーチも縮むし、もちろん、力も柔軟な時より出ないし。

というわけで、ガムをかんで登っていたります。


あごの筋肉っていう、細かい筋肉を動かし続けるというもの
有効です。
登って、何もしないで休んで、登って・・・と繰り返してると
休んだあとに、突然大きい筋肉を使うことになります。
休んでいる最中に、細かい筋肉を動かし続けていることは、
突然大きい筋肉を動かすより、より動くし、けがの防止にもなります。


これも、R-30 ボルダリングのひとつです。

私のお気に入りのガムは、
キシリトール ネオ<プライムミント>
%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%20%E3%83%8D%E3%82%AA%EF%BC%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%9E.jpg


ついでに、歯も丈夫にしようとこれにしてます。


持ち運ぶときのお気に入りはこれ~。
2013-03-08%2017.40.12.jpg

7,8年ほど前に買ったサマンサタバサのガムケースをずーっと使っています。
無印良品で買った小さい容器に、
包みや噛み終わったガムをいれていますよ~。


ただし、ガムをかんで登るときには、飲み込んでのどにつまらせないように注意することと、
あんまり、だらしない感じにならないようにだけ注意してくださいね!

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/