aspotaトップサイトマップ

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月03日

奄美ジャングルトレイル当日

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中


・NHK教育「となりの子育て」
再放送
 2/5(金) 午前11時00分〜


・WEB 「tokyofaves
ソニーが運営しているウェブサイトで、東京のお薦めボルダリングスポットを紹介しております。


・インターネットテレビ「やりたいことを極めた大人がかっこいい 『覚悟の瞬間』」 アップされました。

奄美ジャングルトレイルから
帰ってきました!

激しい筋肉痛と、内臓疲労で
動けない一日をすごしてしました。


さて、さて、ゴールまでの様子をお伝えします。

P1300958.JPG

前夜コミュニティセンターでミーティングです。

20kmの部は120人くらい。

なんと、急遽コース変更があって、

「20kmが26kmになりました。楽しんでください!」


「えーーー!!」

増えすぎでしょ・・・。
頭の中で、不安、リタイア、不安、リタイヤ・・・と駆け巡る。

P1310967.JPG
大和村役場のスタート地点で撮影。
もう、どうにでもなれ!

みんなアップジョグしているけど、
ヨガでストレッチするのみ。

私なんて、アップでもした日には
アップで疲れてしまいそう・・・。

P1310968.JPG

スタート5分前。
みんな、緊張してる。

ポカリを1.5L、ゼリー4個、エナジーバーー2個、黒糖を一握り入れているけど、
となり近所の選手に聞くと、
水1Lしか持って行かないという・・・。

重たすぎかな。。。さらに不安。

よく見ると、なんの荷物も持っていない人も!
水分を持たない人もいるし!

P1310974.JPG
さて、スタート!
5kmくらい林道を登る。
ここは、きつくて走れないので、ずっと早歩き。

まだまだ、体力もあって、
べり集団のみんなでお話しながら楽しくラン。

マイペース、マイペース。


P1310975.JPG
登りきると、ようやく開けた場所に。
まだ、余裕もあって、わずかなレストで写真撮影。

P1310977.JPG
10kmほど行くと、
50kmの部で出場した仲間の赤木薫さんと折り返しですれ違う!

思わず、キャー!がんばって〜!

と、お互いを応援。

でも、少し、雨がぱらぱらと降ってくる。
寒くなってきたので、
アームバンドをつける。

持ってきてよかった。

P1310981.JPG

15kmほど行くと、
金作原の原生林!
ジャングルです。
ここは、世界遺産候補だそうです。

P1310983.JPG
観光客の人がいたので、
一枚撮ってもらう。

この辺で、結構、頭がくらくらしてます・・・。

30分おきに黒糖を一つまみ食べ、
1時間おきにゼリーを食べる。

この辺から、やばくなってきたので、
15分おきに、黒糖を一つまみ。


みんなへばっているが、
エナジー補給がうまくいったおかげか
10人くらい、この後の登りで抜かす。

P1310986.JPG
20kmを過ぎると
最後にいよいよシングルトレイルが出てきました。
ところどころに、ハブよけのようなものが置いてあります。

足が、がくがくして、転びそう・・。
捻挫しないように。


P1310990.JPG

残り2kmの文字が!

アスファルトになって
きれいなピンクのヒカン桜の並木が見えます!
初めてここで緑以外の色を見る。


P1310989.JPG

あ!名瀬の港が見える!
あと少しでゴールだ。

残り2kmが長い!
絶対2kmじゃないし!

でも、ラストスパートで5人くらい抜かす!!

みんな、へろへろです。

a084.jpg


時計をみて、3時間30分が切れそうだったので
ダッシュ!!

そして、最後に足をつってしまい、
足を引きずりながら・・・

ゴール!!
記録3時間27分。


なんと、ラストスパートがきいて、


女子で2位


という記録でした!
P1311027.JPG


立派な楯までいただきました。

表彰のときに主催者の方に
私だとわかって、

「尾川さん、走れるんだー!」
とびっくりされてました。

P1311021.JPG

今回一緒にいった4人の仲間みんな、仲良く2位でした。

宮沢君26kmの部男子2位。
眞舩さん52kmの部男子2位。
私26kmの部女子2位。
赤木さん52kmの部女子2位。


あー、ひとまず、終わったー!という感じです。

このレースで、また、自分の限界が超えられたことに、
ものすごく達成感を抱いています。

「がんばる自分」というものを
改めて取り戻せた気がします。

この、達成感を忘れず、
また、クライミングに精進していこうと思いました。


あー、もう、しばらく、トレイルはお休みですね。

次回は、奄美の観光した様子をお伝えします。


9537.jpg

アフターパーティで。
しま唄ライブにあわせて、
みんなで、踊ってます♪

2010年02月04日

わたし流エコクライマーチョーク

前回の記事はこちらからどうぞ。


クライミングを始めたばかりの皆さんは
どんなチョークバックを買いましたか?

チョークバックをインドアで使う場合は
チョークボールを使ってくださいね。
落ちたときにチョークが飛び散ってしまいますから
インドアジムではチョークボールを使うのがマナーなんです。

チョークボールは口の開け閉めができる
巾着型が便利ですよ。
なくなったら、詰め替え用のエコクライマー・チョークを買って
チョークボールに詰め替えてみましょう!

%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91.JPG

さて、
わたし流エコクライマーチョークの付け方をご紹介。

1.チョークは登る前に、手のひら全体にたっぷり付けます。

2.そのあと、息を手のひらに息をふっと吹きかけ、余分なチョークを取ります。
登っている最中に手になじんでいないチョークが、目に入ってしまうこともありますからね。

3.登っている最中にチョーク付けることをチョークアップといいますが・・・
  
・レストができるなら・・・
レストしながら左右交互にチョークバックに手を入れて付けます。
あんまり、チョークバックに手を入れすぎると、特に夏場はチョークバックの中があったかくなって、逆に手にチョークがなじまなくなるので要注意です。
 
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92.JPG

 
・チョークバックにまで、手を後ろに回す余裕がないときは・・・
クライミングパンツの太ももあたりに、あらかじめチョークを付けておいて、手の汗をふきつつチョークをさっと手になじませます。
クリスシャーマがやっていたので、名付けてシャーマ流チョークアップ。

%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%93.JPG


・腕を下におろすのさえもつらいときは・・・
ホールドを握る本当に直前、腕を上げたまま手をグーにして、手首近く手のひらの下のほうに残っているチョークを、指先に付けます。

%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%94.JPG


%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%95.JPG


名付けて“智子流チョークアップ”。
(誰かほかにもやっているクライマーがもしかしているかも知れませんが(^_^;))

“智子流チョークアップ”、試してみてください!

2010年02月05日

奄美ジャングルトレイル観光

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中


・NHK教育「となりの子育て」
再放送
 2/5(金) 午前11時00分〜


・WEB 「tokyofaves
ソニーが運営しているウェブサイトで、東京のお薦めボルダリングスポットを紹介しております。


・インターネットテレビ「やりたいことを極めた大人がかっこいい 『覚悟の瞬間』」 アップされました。

さて、以前の記事の続き、
今回は奄美の魅力をお伝えします。

P1300915.JPG
空港近くにある、
奄美一きれいといわれている
土盛海岸。

P1300918.JPG
私はこの海を見に来たんだー!!
というくらい、
すごくきれい!
吸い込まれそうです!

P1300923.JPG
そこにはボルダーが!

人面岩といわれています。
どこが顔かな??


700a.jpg

すぐ近くには、
あやまる岬があります。
「ごめんなさい」でなくて、
織られた鞠のような岬、から名前が付きました。

P1300929.JPG
海岸を見渡せば、ボルダーが!!

P1300932.JPG
ランチは、空港近くの

「野のはな」

という食堂がおすすめ。

P1300937.JPG
シマの料理をバイキングで食べられます。

P1300935.JPG
まだまだ、全種類とってないです。

おいしかった!

P1300947.JPG
さて、奄美の東京、名瀬に向かうのに
新道でなくて、旧道で峠越えします。

そこには、満開のヒカン桜の並木が!

P1300954.JPG
名瀬の港。
ぼーっとできそうな場所です。

P1300957.JPG
ホテルの近所のお店にいくと、
怪しい飲み物が!!
おいしいのでしょうか・・・?
怪しすぎて、りんごジュースだけ買いました。


P1300959.JPG
奄美のミネラルウォーターも売ってます。
おいしいです!


P1300960.JPG
町の商店街のお土産店にいくと、
大島紬の機織が!

P1300965.JPG
奄美には大島紬村という泥染発祥の地があります。
大島紬とは、着物で使われます。
↑こんな雰囲気の柄が多い。

私のイメージだと、紬の王様といった感じでしょうか。

P1300961.JPG
まだまだ、怖いもの売ってます。
ハブの粉?
ちょっと、まずそう・・・。

P1300962.JPG
ハブ酒。
私には、辛くて、きつくて、だめですね・・・。

P1300963.JPG
鶏飯(ケイハン)というのが、
有名だそうです。
鶏肉のだし茶付けといった感じでしょうか。

味付きしいたけ、錦糸卵、ねぎ、鶏肉、たんかんの漬物、のりを乗せて
鶏だしをかけて食べます。
たんかんとは、みかんとぽんかんの間のような果物です。

めちゃくちゃおいしいです。
走った後の体には特に優しい味。

P2011053.JPG

奄美だけの焼酎といえば、黒糖焼酎。
宇検村にある開運酒造さんを見学。

P2011046.JPG
黒糖の原料の収穫されたサトウキビ。

P2011047.JPG
工場長さんが、とれたてのサトウキビを搾って
飲ませてくれました。

P2011048.JPG

まずそうな色をしてますが、
とても、甘くておいしいんです!


P2011030.JPG

出来上がった黒糖を、
3時間かけて、こんな風に溶かすそうです。

P2011039.JPG

タンクに移された黒糖焼酎は、
クラシック音楽を聞かせてるんです。


P2011051.JPG

開運酒造さんといえば、
「れんと」
という黒糖焼酎が有名ですが、
たぶん、本州の飲み屋さんでもよく見かけると思います。

↑この、「うかれけんむん」は奄美でも、
宇検村限定販売という、
なんとも、レアな焼酎です。


P1310995.JPG
東シナ海を臨む大浜海岸。
アダンという、
パイナップルに似た実がなっています。
8月に赤くなるそうです。

初めてみました。

P2011054.JPG

徳浜の断崖。
スケールがすごい!
でも、登れなさそう・・・

しかし、左下に見えますか?
ボルダーが!!

P2011058.JPG
これは、確かに、登れるボルダー!

雨が降っていて、登れませんが、
ラインが見えます!

ちょっと、興奮!

P2011060.JPG
ホノホシ海岸。
浜の石が全部まんまるなんです。

波が引くときに、カラカラと音がしてとっても、癒されます!

P2011062.JPG
で、なんとなく近くの壁を登ってみる。

P2011063.JPG
においがすると思ったら、
やっぱりボルダーのにおい!

ケーブがありました。

ホールドもあって、登れそう。
しかも、かなり、難しそう・・・。

P2011069.JPG
浜の端にいくと、壁のボルダーが!
3級から二段あたり作れそう〜。
いい感じ。

P2011071.JPG


さらに奥にいくいと、あります、あります。
でも、少し、低いなかな。
5,6級くらいの岩がたくさん。


P2011074.JPG
南国につき物の赤いお花。
ハイビスカスかな?

P2011076.JPG
パパイヤの実でしょうか?
見たこともないきれいな鳥がつついてます。


P2011077.JPG

そして、帰りには、
空港近くの

「原ハブ屋」

によりました。
すごいですね、このハブ皮のぞうり。

ハブのお財布を買いました。
お金持ちになるそうですよ。


さて、22度の奄美から帰ってきたら、
家は大雪でびっくりですが、
風邪をひかないように、注意しないといけませんね。

また、ボルダーを見つけにでも、
奄美にいけたらいいなーなんて、思います。

2010年02月08日

ユメセン 蓮池小&久礼小

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中


・NHK教育「となりの子育て」
再放送
 2/5(金) 午前11時00分〜


・WEB 「tokyofaves
ソニーが運営しているウェブサイトで、東京のお薦めボルダリングスポットを紹介しております。


・インターネットテレビ「やりたいことを極めた大人がかっこいい 『覚悟の瞬間』」 アップされました。


今、話題の高知県でユメセンでした!

土佐市立蓮池小学校5年生
P2050935.JPG


P2050947.JPG


P2050950.JPG


とっても、元気いっぱいです。


中土佐町立久礼小学校5年生
P2050973.JPG


P2050987.JPG

P2050990.JPG


こちらも、元気いっぱいです!


授業の最後の夢発表でも、
たくさんの子供たちが自分の夢を発表してくれました。

とっても、うれいしですね。

私の
好きなことをチャレンジして、決してあきらめない
というメッセージが伝わっていたらいいな。


一人でも多くの子供たちが夢をかなえてくれるとうれしいですね。


P2050995.JPG


次回は、仕事の合間に、30分ほど高知を観光できたので
高知の魅力をお伝えします!

2010年02月10日

ユメセン高知

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中


・NHK教育「となりの子育て」
再放送
 2/20(土)午後4時29分から


・WEB 「tokyofaves
ソニーが運営しているウェブサイトで、東京のお薦めボルダリングスポットを紹介しております。


・インターネットテレビ「やりたいことを極めた大人がかっこいい 『覚悟の瞬間』」 アップされました。


さて、ユメセンで高知に前泊しました。
夕食には、土佐料理の

「藤のや」さんへ

P2040915.JPG


なんと、なんと、ここには、
あの、

坂本龍馬が!!

というのは・・・・
となりの席に、武田鉄也さんがいらっしゃいました。


ここは、本当に、海の幸がおいしいです。
P2040919.JPG
あなごの稚魚です。

とっても、面白い食感!
コシがあって、さっぱりしてます。


P2040922.JPG

高知といえば、

かつお!

かつおのたたきを作ってます。
わらで、じっくりあぶってるんです!

P2040923.JPG

かつおのたたき、たれと塩。

高知流はたっぷりと薬味をはさんで食べるそうです。

めちゃくちゃおいしい、かつおのたたきでした!
もう、スーパーで売ってるのは食べられないですね・・・。

P2040924.JPG

西貝です。
サザエのような味ですが、たれ汁が濃くておいしい!

P2040926.JPG
地元の人でも、珍しくてなかなか食べられないという、
かつおの腹の部分。

脂がこってりのってて、
でも、身がしっかりしてるので
かなり食べ応えがあります!


P2051007.JPG

土佐の焼酎といえば、
栗焼酎!

「ダバダ火振」

帰りの空港で買おうとすると、
売り切れごめんなので、注意ですよ!


P2050997.JPG

帰り、空港に行く途中で
桂浜に少しだけよりました。

本物の坂本龍馬(笑)

P2051002.JPG
あ!桂浜にボルダーが!

簡単すぎます(笑)

P2051003.JPG

歴史のロマンがあって、海がとってもきれいでおいしい、
高知でした。

2010年02月15日

屋久島その1

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中


・NHK教育「となりの子育て」
再放送
 2/20(土)午後4時29分から


・WEB 「tokyofaves
ソニーが運営しているウェブサイトで、東京のお薦めボルダリングスポットを紹介しております。


・インターネットテレビ「やりたいことを極めた大人がかっこいい 『覚悟の瞬間』」 アップされました。

屋久島でした!


ひょんなことから、
急に屋久島に行くことになりました。
屋久島に行くからには、
屋久島のクライマーに会いに!
そして、屋久島の岩を登りに!

というわけで。


屋久島の唯一のクライミングジム
遊VIVAへ

P2081010.JPG

前回屋久島に行ったときよりも、
クライマーが増えました。

みんな、職業は屋久島のガイドさんです。


課題を作って
3,4時間くらい、講習会になってしまいました!


たくさん作ったので、みなさん、がんばってくださいね。


岩場にも行こうとしたんですが、
雨でした・・・。

屋久島には結構たくさん岩があります。
P2081007.JPG

通称、丸岩。びしょぬれ・・・。


P2081006.JPG


ここの花崗岩は粒が大きい。
まだ、この岩は、未登なんです。

P2081008.JPG

シマの天気は変わりやすい!
土砂降りだったり、急に晴れたり・・・。

でも、そんなときは、きれいな虹が見れるから
ラッキーです。


次回は、シマを一周した様子をお伝えします。

2010年02月20日

ビジネスマン

この数日、新しい試みの仕事をしいて、
連日、朝方まで取り組んでいたので、
屋久島ブログが中途半端なままになってしまいました…(ーー;)
楽しみにしていた方すみません…。

残業するビジネスマンのような生活になってました。


週明けにはたくさん写真を編集してかけます!

お楽しみに!

2010年02月22日

屋久島その2

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中

先日、公開されたばかりの
大沢ボルダーに行きました。

ここは、マス釣り場の中にボルダーがあるので、
クライミングには珍しく、駐車料金と入場料が必要なんです。

masu.jpg

有名な「ニラ」三段もあって、トライしました。
見るからに得意系!!

でも、下流の岩順に登って、
上流のこの、ニラに着いてムーブを解決しているうちに、
閉園時間も迫って
最後の最後に指がかじかんで
リップでよれて落ちました。


諸先輩方に聞くと、
6、7年前から比べると
どうやらものすごく下地が上がって、
岩が低くなっているようです。

怖がりの私にとって、ラッキーと思うべきか・・・・。
岩のかっこよさからしたら、もったいないと思うべきか・・・。

さて、前回の続き、
屋久島の一周


P2060918.JPG


今回は、こんなメンバーで行きました。
クライマーの友達&その友達の友人の親子


なんだか、おかしなメンバーですが、
この、お母さんが60を超えてるとは思えない
パワフルぶりでした。


P2060916.JPG

レンタカーを借りて、ガジュマル園に行きました。
家にも、もう、5年くらい育てているガジュマルがありますが
こんなに、大きくなるもんなんですねぇ。
パワーがもらえる気がします。

P2060920.JPG

屋久鹿もたっくさん見ました。
小さくて、かわいらしいですね〜。


P2060922.JPG

屋久島ではきれいな田舎浜の海といわれているようですが、
この日はかなりシケていて、
かなり荒々しかったです。


永田の集落は、屋久島の米どころのようで、
水田が広がります。

そこに、なんとなんと
P2060926.JPG

白鳥がいたんです!
屋久島では、ものすごく珍しいことのようで、
こんな珍客に会えた私たちは、
なんともラッキーでした。


P2060932.JPG

どんどん山をあがっていって、
遠くに、屋久島灯台を見下ろします。

青、白、緑のコントラストがすごくきれいです。

P2060935.JPG

千尋の滝。
ここのスラブはマルチで登れるそうです。
何人かもう登っているようですが、
こんなところ登れたら、かなり圧巻ですよね!

しかも、観光客に、丸見え・・・


P2060939.JPG

物産店にも寄りました。
こんな島バナナもこの量で200円と激安で売ってます。


P2150917.JPG

物産展ではウン千円で売っていて、買うのをためらってしまった、
屋久島のウコン。

ウコン直売農家があると聞いて、
直接お家に買いに行きました!

元気なおばさんが家から出てきて、
これは、買わねば・・・という気になります。

ここでは、なんと、同じものが数百円で手に入りました。

秋ウコン、春ウコンよりもクルクミンを格段に多く含む
クスリウコンという新しい種類のものと、

ガジュツという紫ウコンを買いました。


お酒もそんなに飲まない私が、ウコン?
と思うかも知れませんが、
結局、クライミングでも、疲労物質がたまると、
肝臓に負担がかかるそうです。


つまり、体力疲労=肝臓疲労。

肝臓をすっきりさせれば、クライミングの筋肉疲労も取れやすい!

ときいたので、ウコンを最近は飲んでいます。


ガジュツは胃腸にやさしいみたいですよ!
味も、龍角散のようなスースーした感じがします。

P2060940.JPG

最後はやっぱり、屋久島名物のとびうおのから揚げを食べました。
とっても、おいしかったです!


さて、次回はトレッキングの様子をお伝えします。

2010年02月23日

屋久島その3

you tube 動画

メディア出演予定情報
・「The Cliff(ザ クリフ) 尾川智子 ボルダリングトライアル」発売中

私の所属事務所ライツで大変お世話になっている、
深山さんのバースデーでした。
(正確には今日じゃないですが・・・)


DSC03933.JPG


ライツの(ほぼ)みんなでお祝いをして、
おいしいケーキもいただいてしまいました!

深山さんは、私の母親と同い年らしいので、
親と子供のような感じです。

いつも、こんな風に、和気あいあいとしてます。


さて、前回の続き、
やっぱり、屋久島といえば縄文杉。
というわけで縄文杉に4人で行きました。

実は、前回私は一人で縄文杉まで

走っていきました。

飛行機の時間が迫っていたので・・・。

そのときは行き2時間半、帰り2時間。


しかし、今回は、
60の友人お母さんと、自称かなり運動不足という友人お姉さん

救命士クライマーの友達と私で前後ではさんで、とにかくチャレンジ!

P2070941.JPG
通常アプローチのトロッコ道の崩壊で
よりきつい白谷雲水峡から行くことになりました。

朝、6時に出発。
まだまだ、真っ暗です。


歩き始めて30分。

お姉さんの「もう気持ち悪い・・・」
という叫びにも、

60のお母さんが
「がんばれー、がんばれー」
といって、なんとか、がんばる。

P2070946.JPG

7時過ぎ、太鼓岩に到着。
でも、天気が悪くて、何も見えない・・・・。


P2070990.JPG

白谷水雲峡はもののけ姫の森として有名です。

こんな、コケコケした雰囲気のあるアプローチを
峠超えしながら
ずーっと歩いていきます。

P2070983.JPG


吸い込まれそうなくらい、深い深い緑。

P2070996.JPG

岩を登っていると、初めて登るときは掃除をするのに
コケを落とします。
クライミングするのにコケは邪魔者なイメージなんですが、

これを見てしまうと、なんだか、
大切にしてしなくてはいけないと
思わされます。


P2070957.JPG


この、張り巡らされた木の根っこ。
生命力を感じてしまいます。


P2070971.JPG

白谷水雲峡の峠を越えると、トロッコ道にぶつかります。

このとき、8時半。
ぎりぎり順調。


P2070970.JPG

そして、それから2時間ほど行って、
よくやくウイルソン株に到着!

P2070961.JPG

株の中は空洞になっていて、
ハート型に見えます!
とっても、素敵!

P2070962.JPG

さて、ここからは、雪が積もってかなりすべります。
足元に気も張っているので、普通に歩く以上に疲れます。


ここで、お姉さんがとうとうダウン・・・。

60のお母さんと、友達、私の3人で縄文杉に向かう。

そして、雪の中、

P2070967.JPG


12時ちょっと前、縄文杉に到着しました!
寒い!寒い!

とにかく寒くて、写真を撮ってすぐに下山。


そして、帰りがまたなんとも、だるいのですが。

お母さん、お姉さんとも、痛い足を引きずりながら
夜7時に駐車場到着!

びっくりのなんと13時間のトレイルでした。


いやー、よくがんばりましたよ。
しかも、お母さん、お姉さん2人とも登山未経験。
頼りになるのは、
山岳経験のある私と、
救命士の友人。

自分も疲れてしまっっていたので、
どれだけ2人に気遣いができたか不明ですが、

そう思うと、どんな分野においても、
リーダーとなる人は大変だな言うことを経験しました。

お金持ちはいいなーといいますが、
お金持ちの人はその人で、
それなりの責任のある仕事をしているんですもんね。

というような話をお母さんとしながら、歩いていました。


もののけ姫で
自然と対立させてタタラバが出てきますが、

たまに、
こういうクライミング以外の自然に触れると

クライミングもタタラバのように
自然と対立しているんじゃないかって考えさせられたりして、

たとえば、コケのことでもそうですし。


自然の中で、クライミングが共存していくことって
難しいなと思ってしまいました。

タタラバの人から見たら
クライミングが自然と調和しているように見えて、
実はクライミングも自然を壊しているんじゃないかってね。


自然相手のスポーツなだけに、
いろんな場面の切り口の自然に触れるのは、
たまには大切なんじゃないかなって思いました。

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2015年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/