aspotaトップサイトマップ

« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月01日

ジャパンカップ決勝

メディア出演予定情報

you tube 動画

埼玉の川越で
ジャパンカップ決勝でした。

4位でした。
もう、はっきしいってコンペでは勝てないですね〜。
自分の気持ちがインドアに定まってないのもありますが…。


みなさんのご期待にも添えず、すみません…。
インドアの練習を増やしたり、キャンパをやり込んだりと、
自分なりにがんばりましたが、うまく行きませんでした。


必ず決勝で、予選の順位を下回るっていうジンクスもいつも通り。

嫌な思いもして帰るっていうのもいつも通り。

そして、しばらく無気力になるのもいつも通りなんだろうなぁ。

この苦い思いをしたくないから、コンペがやんなっちゃうんだよなぁ。
この「いつも通り」から脱する力が私には備わっていないんじゃいかと思う。

あきらめがつけば気が楽なんだろうけど、
つかないから
表て笑ってても裏では悔しいもんね。

自分はホント小さい人間だと思う。


ハイドラとムタンテ
四段をあとふたつ頑張って登るのでどうか許してください。


2009年03月02日

やれば出来る

メディア出演予定情報

you tube 動画


いい言葉を聞きました。

「やれば出来る」
というのは
「やっていないから出来ない」
の裏返しであって


大人になって気づくのは

出来ないものは出来ない
出来るものは出来る

散々やってみて、無理だと思うものは
本当に無理なわけで・・・。

あきらめも大事だって学ぶことがある。

そして、自分は
自分の出来ることを一生懸命やればいいのだ。

出来ないことは、出来る人に任せておけばいい。


外岩のボルダリングにいったときに
ムーブを探すときも、
そのことは大事なポイントのひとつにもなる。

例えば
自分が出来ると思うムーブと
出来ないと思うムーブを
自覚していることが大事なことがある。

みんながやっているムーブを真似してみて出来ないときに
違和感というか、これは自分のムーブじゃないっていうのに
気がつくか気がつかないか。

みんながやっているから、
それが正しいムーブとは限らない。
自分には出来ないものは出来ない。

完登するためには
みんなと同じだが、自分には違和感のあるようなムーブをがんばって練習するより
あきらめて自分なりのムーブを探すという作戦に転じることが
近道だったりすることが非常に多い。

事実、御嶽の虫を登ったときもそうで、
おそらくリップを取るムーブで
みんなほぼ同じようなムーブで登っているであろうけど

私のスタンス(足の場所)で登っている人は
いないのではないかと思う。

もちろん私もはじめは、みんなと同じムーブでこなそうとしていたけれど
出来ないものは出来ないのだ。

出来ないことに気づくことも
前に進むために大事だな〜って。


というわけで
私は、コンペで勝つことはもう出来ないとう結論に達しました。
やればできる、というレベルでもないです。
すみません・・・。

負けることに対する「逃げ」というより、
勝っていこうということに対する「卒業」です。
だってもう、いままで散々コンペに出てきましたもん。

2,30万も払って飛行機にのってヨーロッパまで行き
6時間隔離されたあと、
ものの30分だけ登って、予選落ちしてトンポ帰りしていたこともざら。
今となっては笑い話ですが。

これから、コンペに出ることがあっても
勝てるように頑張ります、といわないと思います。
力の限界まで頑張って登る、とう表現になると思います。
それで万が一勝てたらラッキー。

コンペで応援してくださって皆さん、
本当にありがとうございました。
ご期待に沿えず、すみません。

そんなことを言って大会に出て、負けて、また凹んで・・・
凹まない性格なら良いんですが、
この凹んでる時間がなんとももったいない!
と思いました。


世の中のクライマーの大半は
フレッド・ニコルの登った岩を追い求めて登り
クリス・シャーマの登った岩を追い求めて登り
ユージさんの登った岩であったり、大ちゃんであったり、室井先生であったり、草野さんであったり・・・。

私の夢は、そんな、「尾川智子が登った岩が登りたい」と、
みんなから思われるようなクライマーになりたいな、と思います。

これが今、私の出来ること、
「やれば出来る」
かな。


と、思った一日でした。
ま、コンペで負けるといろいろと自分を考えるから
いいこともありますね。
勝ってたらこんなことも考えないかも(笑)

2009年03月05日

ユメセン 城南第二小学校

メディア出演予定情報
=雑誌掲載=
3月2日 安心  マキノ出版 4月号

you tube 動画

今日は品川区立城南第二小学校で
夢先生「ユメセン」の授業でした!

yumsen3.JPG

実技の授業の様子です!
今日ははじめての6年生。
今まで5年生ばかりだったのですが、
やはり、一年違うと、ちょっと大人な感じがしますね。
落ち着いた感じがあったり、
すこし、恥ずかしがったり(笑)


yusen1.JPG

今回は、今までとは違った工夫を凝らした授業にしました。

秋田のユメセンのときに
もう300回も授業をこなしているベテランの元Jリーガー安永さんの授業を見学して
たくさん得るものがあったので、
真似してみたり、自分で工夫してやってみました。

写真のところのピンクの札をはがしながら話す、
名づけて、みのもんた式授業。

先日、朝のみのさんのニュースを見ながら、
これだ〜!
と、パクリました(笑)

分かりやすかったかどうかは、
子供たちに聞かないと分からないんですがね ^_^;


yusen2.JPG


一番難しいのは、自分の生い立ちを説明するのに、
ストーリー・・・といったら、作り話のように聞こえてしまいますが
そうではなくて、話の流れというか
自分の経験のうち、どの場面をピックアップして話したら
小学生でも理解できるような起承転結のある話になるか考えるのが
大変です。

私の場合、サッカーのようにチームワークの競技ではないので
私のストーリーに、仲間に励まされた!とか、仲間が大切!
といったキーワードが出てこないなぁ、と思って
今回初めて、クライミングに誘ってくれた友達の話を
取り入れて、一緒に励ましあって登ったみたいな事を言いたかったのに
うまく話がまとまらなくて
自分の中で、しまったなぁ、といった感じです。

次回は、そうですね・・・・
2000人の前の入学式講演になりますかね!

そろそろ内容を考えて練習しなければ!

*私の友人に言われたので少しコメントします。
先日のブログをみて、私がもう、コンペに出ないかのような内容に思えて、スポンサーさんなども相談せずに勝手に大丈夫なの?という事を言われたんですが
国体をはじめまだまだ大会はたくさんあります。これには出場する予定です。
ただ、皆さんが期待するような優勝できるかどうかは、かなり、今までよりも、確立が低いかも知れません。ということがいいたくて、でも、力いっぱい頑張りますよ。ということが言いたかったのですが、いろいろと勘違いされた方もいらっしゃるようですので、ここでお伝えしますね。

2009年03月06日

アスポタクエスチョン

アスポタからのクエスチョンです。


Q.これから始めてみたい、チャレンジしてみたいスポーツは?


う〜ん、
汗をかくようなスポーツですかね。

国体で縦走(12キロの荷物を背負って山を走る)がなくなってから、
全く汗もかかず…

だから、ジョギングがしたいですね。

というか、
縦走していたころは
いつかは、ハセツネ!
と思っていたのですが、
今となってはヘリウムの風船のような
存在になってしまいました。

(ハセツネとは、24時間耐久山岳レースで、日本一過酷なレースといわれる)


もしくは、以前出場した時は嵐でリタイアになってしまった、富士登山レースにまた出てみたいけど、

クライミングどころでは
なくなっちゃうでしょうね〜。


昔、山屋のころ、国体のために縦走をはじめた時は、
山に登るのに、
タイムを競うレースなんて!
って、気持ちの納得がいかないまま練習してましたが、

いざやってみたら
アスファルトのレースよりも
意外と気持ちがよくて
楽しくなるんですね。

縦走レースは、とてつもなく、
嫌で嫌でしょうがなかったですが、
無くなってみると走りたくなるもんですね。

2009年03月08日

お知らせ

突然ですが、
本日8日午後5時40分〜
ラジオ日本放送 チャレンジアスリートに電話出演しますよ。

2009年03月10日

aspotaクエスチョン

aspataのクエスチョンです。

Q.ケータイの待ち受け画面は何にしてますか? また、着メロは何?


待ち受けは、地球なんです。
earth.bmp


着メロは
実は、普通のベル音で、ほとんどマナーモードで
年がら年中使ってますよ。


2009年03月13日

整理整頓

ブログ

メディア出演予定情報

you tube 動画


もうあまり、
自分の胸の内を書くまい…
と思っていたんですが。

話してみることやちょっとした治療で
(といっても、いわゆる精神的な病では全然ないですf^_^;)
大分、自分の気持ちが整理整頓されてきて、
すっきりしてきました!


自分の中で、とても大きな問題だったことを
自分の胸の中にしまい込んでしまって
それが重く悪い意味でのプレッシャーになってしまっていたなぁと。
まるで自分の意思とは関係なしに発病するアレルギーのように。
だから、気持ちのアレルギー治療。


アスリートとしてならほとんどの人が
抱くであろうことが、
自分にとっては、卑劣でみっともないな!
と、自分で自分を否定ばかりしていたのですが、
受け入れることで大分気持ちが楽になりました。

そして、それを受け入れた次にやるなければいけないことは
それから克服していく作業をしなければならない。

それは、私にとってはある岩を登ることで
克服できる一歩が踏み出せると信じています。


昨日も、今までとはうそのように練習に身が入って
調子も上がってきました。

詳しくは書けないので、
意味わからない文章になってしまいましたが、
ま、私のそうとうな負けず嫌いは一生治んないな(笑)
と思っただけです。

2009年03月14日

雪だるま

ブログ

メディア出演予定情報

you tube 動画


来月発売のDVDの撮影で、
山梨にずっときています。

今日はミズガキ山です。

雪積もってますね〜!
気温も3度と寒くて、
手がかじかみ、ミズガキレイバックで4メートル上から変な風に落ちそうになりました…。
怪我しそうでやばかったです。

その後は山梨のクライミングジム、ピラニアさんにお邪魔しました。

これでようやく、撮影が全部終了です!


DVDのプロデューサーさんが、
「ガンバレ」の雪だるまを作ってくれました!
Non Title

2009年03月16日

山梨カップ

Non Title
メディア出演予定情報

you tube 動画


この二日、山梨カップのセッターをやらせていただきました。

パンプの草コンペのセッターは何度かやったことがありますが、
ジムの本格的はセットは
久しぶりでした。
なので、なんか、課題つくるのが、
とても楽しかったです!


いつもは出る側なので、
皆が登っている様子を
最初から最後まで、じっくりみたことなかったですが、

ものすごく、刺激を受けることが
たくさんありました。


悔しくて泣いてる選手。
思わぬいい結果で喜んでいる選手。
プレッシャーを感じている選手。
とても楽しんでいる選手。
そして、
とてもやる気のみなぎっている選手!


今の私には、これらのことが、
足りなくなったなぁ…!
と、すごく心にくるものがありました。

と同時に、今の私が
彼らのようにエネルギッシュに
クライミングをすることができるのかな?
不安と葛藤も感じていまいました。

自分より強い選手、クライマーをすぐに意識しすぎてしまい、
そして、優勝し続けた過去の自分にとらわれすぎてしまう。
優勝がありえないと思うと
指折り自分の順位を数えて
こんなはずではない…と
消化試合ならぬ、消化負け課題になってしまった時の
あの、やる気のない自分。
でも、強いクライマーでありたい自分。


いかにしたら、自分が強いクライマーであり続けることができるのか!?

私は、自分の妄想の中の他人の目を気にしすぎて、
あいつはいうほど強いクライマーじゃないな、

とか、

数字みたら全然たいしたことないじゃん

とか

バカにされるのを怖がっているだけだったねかな?って。


昨日、久しぶりに自分が他人の目になったとき、
今まで自分の中に抱いていたものは、
自分だけの妄想だったのかな?
って思いました。

自分が悔しがることだって、他人にしてみたら、所詮他人事。
悔しいと思うのは大事です。
でも自分が悔しがってるほど、意外と周りは気にしてなかったりとか(笑)、
立ち止まらないで、前に踏み出さなければいけないし
周りもちゃんと受け入れてくれる。

このブログを読んで下さる方の中には
過去の自分の事なんて、
全く知らない人もいる訳で
自分だけ過去の自分にとらわれすぎているのかな?とか。


今の私のクライミング環境、状況、経験、年齢、すべてを素直に受け入れて、
その中で今の自分のベストな力を発揮することが大事なんだなと思いました。

こんなはずじゃない、とか、
こうだったらいいのに、とか、
うらやましいな、とか、
こんな風に思われてるんじゃないか、
とか、

っていう感情が自分中から消えたら
きっと、もっと自分らしく、強いクライマーであり続けることができるんじゃないか、

と、このコンペで感じました。


んん、また、長くなってしまった…。

2009年03月20日

友達の結婚式に

メディア出演予定情報

you tube 動画


P3200171.JPG


今日は、私の友達の結婚式でした。

一瞬雨がふったけど、晴れてよかっです!


ネイルサロンBloomn'のネイリストさんで、いつもお世話になってるんです。
美容系の仕事のとき、元気をもらいたいとき、
彼女にネイルをしてもらっています。
彼女、とっても元気なんです!
いつもかわいくしてくれてありがとう!


相撲好きの旦那様は、仕事のかたわら、
アスポタのメンバーでもある琴欧州関のドライバーもしてるんですって。

こんなところにも、繋がりがあって
おもしろいなって思いました!


世界は狭いですね。


大阪場所がおわったら、
ブログでアスポタ対談やってみようかしら?できるかしら?(笑)


いつまでも、お幸せに〜☆

2009年03月24日

集中して本領発揮!次回は二度とない。TOEICでスコアUPを目指す皆さんへ

TOEICで高得点を目指す方々への応援メッセージ企画第4回目です。
Powered by アスポタ編集部

第1回目はこちら第2回目はこちら第3回目はこちら

今回で最終回となる TOEIC とボルダリングのお話。
前回までは、勝負を乗り越えるには?ということをお話しました。
実は、2〜3年前、大会でなかなか成果がでなくなったことがあったんです。そんな時、私は、毎月のように海外の大会に出場しました。数打てばあたると思ったんですね。しかし、結果は当たるどころか、肉体的、精神的に疲労がたまり、その上、大会に出場することで練習量も減り、息抜きすることすらできず・・・。ひとつの大会で負けても、どうせ次がある、まあいいかという気持ちが芽生えるようになり、次こそは!という意気込みがなくなってしまいました。 TOEICテスト も、同じように頻繁に試験があると思います。それは、点数が悪くても、次がある・・・と思って挑むのでは私と同じような結果になりかねません。
私自身、ようやく成果が出だしたのは、アウトドアの難しい岩をチャレンジするようになってからです。クライマーにとって、暖かくなれば手に汗をかきやすくなり難しい岩はどんどん登りにくくなってきます。もう少しすればクライミングベストシーズンも終わり。これを逃せば、また来年の冬までチャレンジはお預けです。今が集中して本領を発揮するときなんです。そんな思いで取り組んだおかげで、昨年のこの時期、「握撃 三/四段」という当時の自己ベストのグレードの岩を登ることができました。
TOEICでベストスコアをクリアするのも同様、自分の目標とそれを達成する期限をしっかり定め、集中してやる時間をうまく利用できたらベストを更新できるはずです。

TomokoOgawa
愛知県鳳来町 「握撃」三/四段

2009年03月27日

ちぐはぐな気持ち

you tube 動画

メディア出演予定情報

4月1日 2日 J−WAVE Weider Power Your Morning AM6:25-6:35
に出演します。
パーソナリティーの別所哲也さんと。

J-WAVE%20TOKYO%20MORNING%20RADIO%E5%88%A5%E6%89%80%E5%93%B2%E4%B9%9F.JPG

俺はできないだろうなァ!とおっしゃっていましたが
とても、運動神経がよさそうな感じがして、
すいすい登れそうに見えましたけどね(笑)

さて、自分は負けず嫌いだー!
なんて、先日のブログで書きましたが、
そう思ってきたら、
とんどん、自分がケチ?な感覚になってきて、
ブログに
クライミングの練習のことを書くのが
書きたいけれど、誰が見てるかわからないから書きたくない!
という気持ちになってしまい・・・
自分のやってることを知られたくない、と思うようになってきました。

最近ブログに書いてないですが、
書いてないから、こいつクライミング練習してないんじゃないか?
登ってないんじゃないか?
と思われるかもしれませんが
いえいえ、なんとなく、書きたくないだけです。


一体、こんな、ケチ?な気持ちになるのはなぜだ?
このままいったら、仕事のことしか書かなくなりそうな予感。

今日は、テレビ局のビルの内壁を登るという、
バラエティーの仕事がこれから夜の10時近くまで撮影です・・・・。

お仕事をいただけるのはとても、とても、感謝感謝です。
スタッフの皆さんもいい画が撮れるようにがんばってくれているので
私も、それに応えなきゃ!と、思います。

でもですね・・・・
しょーじき、しょーじき、自分は何をやっているんだ?
という気持ちになってきます。

クライミングの楽しさ、岩を登る楽しさが伝わるのか、不安です・・・。
私が考えるクライミングの楽しさ。


右手かな?左手かな?と、考えながら、なかなか単純に登れないから楽しい、とか、
全身が楽しく動かせるから楽しい、とか、
登れるかな?登れないかな?と思うものが、登れると楽しい、とか、
自分に挑戦できるから楽しい、とか、
怖さを乗り越えて登るから楽しい、とか
外岩なら、自然の中で岩と一体となって登れるのが楽しい、とか。

ビルじゃないんだよなァ、ビルじゃ。
(ま、世の中には好きな人もいますけどね。でも、彼のような人は、ロッククライマーとはいわないですよね。)


自分のなかで、コアなロッククライマーでありたいというプライドや思いと
こんなことは邪道じゃないかという思いと葛藤します。

大体、クライミングの楽しさを伝え、みんなにやってほしいなァという
お仕事をさせていただいているのに、
最近は、クライマーも多くなって、クライミングジムが満員過ぎて登れない状態もあったり
外の岩場ですら飽和状態なこともありますし、
いろんな方がいますから、
マナーが行き届かないと、岩場も閉鎖される危機に瀕していたりとか・・・。

自分のやってることと、現状が、ちぐはぐな感じがして、
少し、悩みどころです。

どうしたら、自分のやっていることに自信をもてるのかなァ?

自分のやってることが、クライミング界や自分以外のクライマーにとっていいのか悪いのか?
答えがでませんね。

なんか、ですね。
最近、なんにも完登してないから、きっと、落ち込んでるんですね、私。
だから、考えすぎてしまっているのかも。
そういうことに、しときましょうか。

杞憂

メディア出演予定情報

you tube 動画


今日悩んでた話。
テレビ局に行ってビルの内壁とか登る話。、
意外と楽しく仕事できた!
杞憂だったなー。

よくよく考えたら、たいして悩むことでもないのに。


なんでもそうですが、
嫌だと思うことでも
くだらないと思うことでも
一生懸命やれば楽しくなるものですね。


嫌かも、とか、無理かもとかの先入観って
意外と意味がないもので、
やってみなきゃ実際わかんないってことあるんだなー。
と思った一日でした。


ホント、私。

クライミング強くなる前に
心が強くならないと、上達しないな。

2009年03月30日

春の蛙

4th 9300point Tomoko Ogawa (f) 1978 Japan (8a.nu ranking)

you tube 動画

メディア出演予定情報

4月1日 2日 J−WAVE Weider Power Your Morning AM6:25-6:35


aspotaからのクエスチョンです。

Q.身の周りで、春を感じた出来事について書いてください (2009年)

先日、東京 御嶽の蛙(三段)を登りました!

蛙といえば、春の季語。
というわけで、蛙を登ったことが、
私の春を感じた出来事です!


これで、御嶽の

蟹、蛙、虫

と三段三拍子そろいました。
クラシカルな課題が登れてよかったです。


なにか、ひとつ、課題という岩や壁を超えていくと
見えなかったものが見えたり、
得られるものもその時々であるので
面白いですね。

クライミングって哲学だなって思います。
ひとつの課題をこなすため、
岩、壁を超えていくためにいろいろ感じたり、考えたり。
最近、考えすぎてたせいか
たまに、偏頭痛がします(笑)



【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2015年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/