« 大学の友達 | メイン | 民のチカラ2 »

制限時間内の勝負を乗り越える秘訣-TOEICでスコアUPを目指す皆さんへ

TOEICで高得点を目指す方々への応援メッセージ企画第3回目です。
Powered by アスポタ編集部

第1回目はこちら第2回目はこちら

これまで、英語もボルダリングも「好き!」「上達したい!」「TOEICで●●点とりたい、○段登りたい」という気持ちや目標があることが大切ということをお話ししてきました。今日は、「できる!」と思ってチャレンジすることの大切さについてお話したいと思います。
ボルダリングの大会も、TOEICの試験が制限時間内にどれだけの英語の問題に答えられるかというのと同様に、制限時間の間に何課題の人工壁のルートを登りきることができるか、なのです。もちろんすごく緊張します。時間内にできなかったらどうしよう、難しくてできなかったらどうしよう・・・と不安になります。でも、マイナスなことを考えている時間って、もったいないんですよね。それに、自分の中にマイナスなイメージまででてきてしまうと、立ち止まって先に進めなかったり・・・。悩んでいる間にやれることはたくさんあります。大会とは別ですが、私が今チャレンジしているハイドラという岩のルートがあります。最初はできないと思っていてやる気も湧きませんでした。けど、今は「できる!」と信じてずっとチャレンジし続けています。

大会の様子.JPG

大会の様子。Asian X−games2005にて。

那須塩原のハイドラ.JPG

那須塩原の"ハイドラ"をチャレンジする様子。


【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/