« 果てしなき挑戦-TOEICでスコアUPを目指す皆さんへ | メイン | 夢のりんご »

緊張するのは?

メディア出演予定情報

you tube 動画

クライミングの話ではないんですが・・・。

明日は、愛知の中学校で、
講演会です。

というわけで、昨日、事務所のライツで
練習がてらプレ講演をしたんですが・・・。


あ。。。
たった4人の前なのに、ものすごく緊張してしまって
途中で頭が、真っ白になってしまいました。。。。


なんでー?

こんなに緊張するの?


自分の中では、ぼろぼろで。。。
昨日の夜には、ちょっとなんでなのか、反省してみたんです。

小学生に教える夢先生のときも、大緊張。
でも、なぜか、大人相手の仕事はそんなに緊張しない。

なんか、子供によりわかりやすく、わかりやすく伝えようとすると
こうやって表現することを覚えておかなきゃ。。。

大人だったら、きっと、自分の言葉のかなでも理解できるだろうに・・・・。

子供むけのわかりやすい表現を暗記しようとしていて
途中で忘れたらどうしよう・・・・と心配になるからだな、と気づきました。


アテネ五輪では予選落ちだったけど、北京で金メダル取りました。
これって、小学生でも、中学生でもわかると思う。

自分も、部活で、去年は補欠だったけど、今年はレギュラーになりました。
っていったら、レギュラーになるために、努力したって言う経験が自分の中にできてるから
ましてや、世界のオリンピックに出る人は、もっとすごく努力したんだろうな〜
って、中学生でも容易に想像がつく、と思う。


でも、クライミングはそうはいかない。。。。


ひとことに、がんばったっていっても、どうがんばって、どう結果が出せたのか
ひじょーーーに、わかりづらい。

先週、山梨のジム、ピラニアにお邪魔したんです。
そのとき、「孤高の人」っていう、クライミングの少年漫画がありました。


こんなこといったら、しかられますが、
クライミング漫画って、うちらが読むと、
「まっさかー!何これ(笑)」
と、思うようなところは、正直多々あります。笑ってよんじゃってました。


でもね、この少年漫画って中学生くらいが読むじゃないですか。
くしくも、クライミングのわからない中学生たちには
こうやってクライミングの世界が見えていて、
漫画の中で表現されている、一見、うちらには笑ってしまうような表現が
実は彼らにとっては、理解しやすかったりするんですよね。

今のクライマーの考える表現と100パーセント合致しているとは思いませんが、
ひとつの手段だと思って
本屋にいって、「オンサイト」と「孤高の人」でも、買ってきます。
うまくいくといいのですが・・・。

【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/