« スポーツリアルトーク | メイン | けいちゃんと »

インドア ボルダリング

ボルダリングとオリンパスデジカメμ850SWブログ:タフ&ビューティフルステージ(5月16日最終回アーカイブ中)

ヴィーナスアスリートch(携帯ブログ更新中PCブログとは別内容です〜)
メニューリスト→スポーツ(auスポーツレジャー)→各種スポーツ(au総合)

クライミングジムにある
システムボードが、
私の顔に少し似ているといわれたことがあります。

似てるかなぁ・・・?
つり目の辺りが??

%E4%BB%8A%E6%97%A5.jpg

似せてみた(笑)

で、毎度の一本指懸垂で、遊んでみた。

%E4%BB%8A%E6%97%A5%EF%BC%92.jpg

そろそろ、月末の国体予選に向けてルートも始めなければ・・・・。

正直だるいなぁ・・・。ルートトレーニング・・・。

とりあえず、長物ボルダーで持久力つけるか・・・・。


でも、あの、過酷な縦走競技がなくなっただけ
なんて、気が楽なんだろう!

こんな、aspotaからの質問

暑さの中で死ぬほど大変だった特訓などはありますか?夏の練習の思い出を聞かせて

が来ていたので
知らない人の向けに回答しますが、

昨年までは、国体の山岳競技には
クライミングと縦走といって
12KGの鉛(米2つ分と2Lボトルですよ)を背負って
山の上まで走るという競技もやっていました。
が、はっきり行って走れません、歩きます。
走ろうとしても、重いし、上りが急だし、もがきながら歩く。
時には、四つんばいになったりもする。

自衛隊選手率高いです。

これですよ、これ↓

casio%20229.JPG

山の頂上についたときは、
標高がたかく外気が冷たくなっていて、
気持ちいいというより
汗が蒸発して、顔中塩まみれ。

そして、最大の難関は
120パーセントも、力を出し切ったあと、
よれよれのまま自力で下山・・・・。

競技といえど山なので、
滑落や遭難も普通。

そして、一度タイムトライアルをやってしまうと
1週間は体が言うことをきかず、
何も出来ない、
も抜けの殻。

12Kg という重さが腰や肩や体も壊していくんです。

これ以上過酷なトレーニングがあるのか、
他の選手の回答が、正直楽しみです・・・。

回答してくれたらこの下↓にでるのかな?



【好評発売中】
尾川智子の「DVD付ムック本」発売中!
DVD付ムック本
尾川智子の
ボルダリングBasic


The Cliff
DVD
The Cliff

「カタルシスV14」


中国ポータルサイト内「QQ.COM」
動画チャンネル「绝涩佳人」


覚悟の瞬間
覚悟の瞬間

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
http://www.adidas.com/jp/

http://www.nelson.co.jp/

http://bouldering.jp/